Vライン脱毛ガイド > Vライン脱毛の基礎知識 > 海外ではアンダーヘアの処理は常識!?日本との違いとは

海外ではアンダーヘアの処理は常識!?日本との違いとは

日本ではまだあまりなじみのないアンダーヘアの処理。
最近では海外ドラマの影響や、ハリウッド女優などセレブの事情も伝わるようになり、かなり関心が高まっているようです。

たしかに、きれいに処理をしていると、水着や公衆浴場などでも、イメージがずいぶん変わるものですよね。

それだけではありません。
アンダーヘアを処理していると、蒸れにくい、汚れにくい、抜け毛が少ない、臭いの原因がなくなる、といったさまざまなメリットがあります。

では、ここで海外と日本の事情をくらべながら、そのくわしい内容について見ていきましょう。

海外ではアンダーヘアの処理は当たり前

日本にいると、外国人と交際でもしないかぎり、なかなかアンダーヘアについての感覚の違いなどを知る機会はありません。
逆に、海外へ留学などした人たちのなかには、そのカルチャーギャップに大いに驚かされる、という経験も少なくないようです。

海外でのアンダーヘアに対する考え方は?

それぞれの地域によって違いはありますが、基本的に、海外ではアンダーヘアを処理している女性のほうが多数派と考えてよいでしょう。
また、体毛に対する考え方もかなり日本人とは異なっているようです。

アメリカ

もっとも早くからアンダーヘアの脱毛を行っていたといわれるのがアメリカです。
実際に処理を行っている女性の割合も、世界中でトップだとか。

処理の仕方も、完全にツルツルにしてしまうブラジリアンスタイル、いわゆる「ハイジニーナ」が主流となっています。

その理由は、アンダーヘアに対して「不潔」というイメージがとても強いから。

たとえば、日本人女性だったらほとんどワキ毛を処理していますよね。
アメリカでは、アンダーヘアの処理がそれと同じような感覚だと思ってください。

逆に、ワキ毛やそれ以外のムダ毛については、あまり気にしていない女性も多いようです。

もともと色素が薄いということもありますが、ハリウッド女優でも平気でワキ毛をそのままにしているのを見ると、日本人としてはかなり驚かされてしまいます。
最近では、カラーで染めることも流行っているというから、分からないものです。

アンダーヘアの処理については、男性も80%は処理しているというのだから、基本的に社会的なエチケットのようなものだと考えてよさそうですね。

南米

ラテン系の女性は露出の高いセクシーな服装を着ることが多く、アンダーヘアの処理も毎日の身だしなみといった感覚のようです。

ブラジリアンワックスという名称からも、その意識の強さがうかがえますよね。

また、ツルツルにすることをブラジリアンスタイルと呼んでいるように、Vラインだけではなく、Oライン、Iラインと完全に無毛状態にするのが当たり前のようです。

ヨーロッパ

ヨーロッパでは、国によってかなり文化的な違いがあるようです。

たとえば、イギリスではムダ毛の処理に対する意識がかなり高く、アンダーヘアはもちろん、全身を処理している女性も多いようです。

それに対して、フランス人のように、あまり気にしていない国もあります。
もともと個性を尊重する文化なので、人によってはまったく処理しないなど、もかなり個人差があるようですね。

永久脱毛やVIOといった言葉もほとんど使われず、処理するにしても自分で行うのが主流だとか。
アンダーヘアについては、中央の細いラインだけを残す「メトロチケット」が人気となっています。

南欧のイタリアやスペインでは、体毛の濃い人も多いのですが、ムダ毛を気にする人はほとんどいません。
ただし、アンダーヘアについてだけはしっかり処理をするそうです。

こちらは、Vラインだけを残すのが主流のようです。

中東

中東の女性は、かならずといっていいほどアンダーヘアの処理をしています。

というのも、イスラム教ではそれが戒律として定められているからです。
特にイスラム教というのは不潔なものを排除する傾向が強く、アンダーヘアもそのひとつというわけですね。

ですから、ワキ毛も同じように処理を行っています。
もちろん、男性も同じです。

宗教的な意味合いだけではなく、暑い気候なので、蒸れてシラミなどがわかないようにするといった現実的な面もあるようです。

東アジア

地理的にも人種的にも日本と近い、東アジアではどうなっているのでしょうか。

もっともムダ毛処理に強い意識を持っているのが、韓国です。
美容整形でも有名な国ですが、全身脱毛は当たり前、もちろんアンダーヘアもしっかり処理しているようです。

ただし、ハイジニーナにするのは風俗嬢といったイメージがあるようで、軽く整えて残すのが主流となっています。

一方、台湾ではもともと体毛が薄い女性が多いせいもあってか、全身脱毛は一般的ではありません。
しかし、こちらでも都市部を中心に美容への意識は高まっているようで、今後は広まっていくことも考えられます。

そして、ほとんど処理を行わないのが中国です。
アンダーヘアだけではなく、ワキ毛の処理にもあまり関心がないようです。

とはいっても、国土が広く人種も多様なので、あくまでも傾向にすぎません。

日本のアンダーヘアに対する考え方は?

日本では、ムダ毛のない肌が美しいという感覚が強くあります。

そのため、ワキをはじめとして、腕や足、そして顔にまで気をつけている女性が数多くいます。
最近では、若者を中心に、男性の間でもムダ毛処理を行う人が増えてきています。

アンダーヘアを処理するのは恥ずかしい?

日本でも、エステでVIOのコースが提供されるようになり、アンダーヘアの処理についてはかなり意識が高まってきています。

とはいえ、そこまで気を使っている人はかなりオシャレな部類。
まだまだ、少数派といってよいでしょう。

興味自体は持っていても、温泉などで裸になる機会があると、周囲から変な目で見られはしないか、といった不安も大きいですよね。

海外から見るとあまり良くないイメージも…

では、このような日本人の文化は、海外からはどう見えるのでしょうか。

もともと、日本人女性というのは外国人男性にモテる傾向があります。
肌がきれいで、清潔感がある、女性らしさが高い、というのがそのおもな理由ですね。

ところが、ベッドに入る段階で、まったく処理されていないアンダーヘアを見てかなり驚く男性も多いのだとか。
なかには、それで幻滅してしまう人もいるようです。

これは外国人女性から見た日本人男性でも同じことです。

もちろん、文化や感覚の違いなので、どちらが良い悪いというわけではありません。

しかし、多くの海外の人にとって、このようなイメージで日本人が見られているということは、間違いのない事実なのです。

海外ではどのようにアンダーヘアを処理しているのか?

外国人女性にとっては、ほぼ常識といってもよいアンダーヘアの処理。
その一方で、日常的に処理を行うのには、やはりそれなりの苦労をしているようです。

では、いったいどのような方法で処理を行っているのでしょうか。

ブラジリアンワックス

ワックスを肌に塗り、毛に吸着させてから一気にシートではがしてしまうブラジリアンワックス。

日本人にとってはあまりなじみがなく「痛そう」「怖い」といったイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

しかし、海外のアンダーヘアの処理のなかでももっともポピュラーなのが、ブラジリアンワックスなのです。

手軽さと安全性から海外ではもっともよく使われている

ブラジリアンワックスが日本でも知られるようになったのは、アメリカのドラマが放送されたことがきっかけでした。

エステでもあつかっているようですが、自宅で処理を行う人が多いようです。

カミソリで剃るのは危険をともないますし、すぐにチクチクした毛が生えてくるので毎日の処理が欠かせません。
一方、ブラジリアンワックスの最大のメリットは、一度処理さえしてしまえば、数週間はそのまま保つことができるという点です。

また、やればやるほど毛が薄く細くなっていくのも、大きなポイントです。

たしかに、最初は毛も太く多いので、かなり痛みを感じる人は多いようです。
しかし、慣れていけばほとんど気にせず処理できるようになっていきます。

コツとしては、あまり一気に範囲を広げず、少しずつ処理していくほうが痛みは少ないようです。

アンダーヘアだけではなく、ほかのムダ毛にも利用できるのもうれしいですね。

日本でも、ブラジリアンワックスをあつかっている脱毛サロンがあります。
自分でやるのが不安だという人は、そちらで始めてみるのもよいでしょう。

想像していたより痛くなかった、と感じる人が多いようです。

はじめるならこのワックスがおすすめ!

日本でも、利用者が増えてきたブラジリアンワックス。
ただ、興味があっても、どの商品を使えばよいのか分からない、という人も多いのでは。

そこで、女性におすすめしたいブラジリアンワックスが「ANGELICA WAX」です。

成分が天然素材に限定されているので、デリケートな部分にも安心して使うことができるのが最大の特徴です。
初心者でも分かりやすいように、イラスト付きの説明書や動画での紹介も行っているのもありがたいですね。

一方、男性におすすめしたいのが「NULL ブラジリアンワックス」。

こちらも国産の天然素材で肌にやさしいワックスでありながら、強力な粘着力で、毛の濃い男性でもしっかり処理することができます。

脱毛

日本人にとっては、もっともポピュラーといえるエステでの脱毛。
しかし、海外の女性にとっては、それほど多数派ではないようです。

ブラジリアンワックスは自宅で手軽に脱毛できる一方で、数週間おきに何度も処理しなければいけない面倒さもあります。
人によっては、そのペースがさらに早くなるでしょう。

それにくらべると、脱毛サロンは何度か通う必要はありますが、かなり長期間にわたってきれいな肌のまま保つことができます。

自分で処理をするのが面倒、あるいは痛みが怖いという人にとっては、おすすめの方法です。

アンダーヘアの処理も身だしなみのひとつ!

日本ではまだまだなじみのない、アンダーヘアの処理。
たしかにきれいだとは思えても、なかなか踏み切れない人も少なくないと思います。

しかし、海外では常識のように行われていることを知れば、それほど抵抗もなくなるのではないでしょうか。

いきなり、ハイジニーナにすることに抵抗があるという人は、Vラインに軽く残しておくのもよいでしょう。
毛量や面積を少なくしたり、下着からはみ出てしまう部分だけを脱毛する、身だしなみのひとつとしてとらえてもよいと思います。

日本人は毛質が太く硬いので、天然成分の専用トリートメントを使うと、より美しいしなやかさも得られます。

自分で処理をするときは、オロナインでケアをするのがおすすめです。
ぜひ、試してみてください。