Vライン脱毛ガイド > Vラインの悩み > Vラインのかゆみがひどい(+_+)そんな悩みを解消する対処法

Vラインのかゆみがひどい(+_+)そんな悩みを解消する対処法

Vライン脱毛するなら絶対おすすめ!脱毛サロンランキング

サロン キャンペーン
300円で【両ワキ&Vライン通い放題】+【2か所脱毛】プレゼント
詳細はコチラ
敏感肌・ニキビ肌OK!VIO脱毛体験 5,400円
詳細はコチラ
全身脱毛、初回0円
詳細はコチラ
>>どうしてミュゼが1位?他サロンとの比較はこちら

Vラインのかゆみは厄介ですよね。
かゆくても人前でかくわけにはいかないし、デリケートな部分なので、気軽に相談もできないし。
我慢しているうちにひどくなってしまうこともあって、本当につらいですよね。

そんなVラインのかゆみは、実は、当り前のようにやってしまっていることが原因だったりするんです。

二度とかゆみが起こらないように、どうやったらかゆみを解消できるかを説明しながら、かゆみの原因も突き止めていきましょう。

正しい方法でかゆみケアしましょう

かゆみがある場合は、自己判断による対処は危険です。
かゆみだけでなく、悪化して炎症やただれを引き起こしてしまう可能性もあります。

そうならないよう、正しい対処法をしっかり覚えておきましょう。

処方された薬を使いましょう

かゆみがなかなか治らない場合は、皮膚科、婦人科などの病院の受診をおすすめします。
病院では症状に合わせ、抗炎症薬や、感染症を治す真抗菌剤などを処方してくれます。

かゆいからと言って市販の薬を使っても、原因によってはまったく効かない場合もあります。
それだけではなく、間違った自己処方で悪化させてしまう危険性もあります。

早く確実に治すためにも、きちんと病院で診てもらい、処方された薬を使うようにしてください。

Vライン用のスキンケアを使いましょう

デリケートゾーンは体の中でも敏感な部位で、摩擦や乾燥などの肌トラブルに常に見舞われやすい状態です。

摩擦や乾燥は、肌のバリア機能を低下させ、炎症やかゆみを余計に悪化させてしまいます。
また、黒ずみやにおいなども起こしやすくなってしまいます。

そういったリスクを避けるためにも、デリケートゾーンをしっかり保湿してあげることを心がけましょう。

デリケートゾーン専用スキンケア商品

欧米では、専用のスキンケア商品を使って、デリケートゾーンをケアすることが主流になっています。

それと比べるとまだ少ないのですが、最近では日本でも、ネットやドラッグストアで、デリケートゾーン専用の商品が手軽に購入できるようになりました。

低刺激で高保湿

デリケートゾーン専用の商品は、保湿成分に優れ、低刺激で肌に優しく作られています。
なるべく無添加のもの、あるいは化学添加物の少なく、天然素材が多く配合されているものを選ぶようにしましょう。

顔や体用の化粧水を使うことはおすすめしません。
なぜなら、デリケートゾーン用に比べると、顔や体に使う化粧水は、刺激や添加物が多いため、デリケートゾーンを痛めてしまう恐れがあるからです。

デリケートゾーン専用石鹸

日本では、まだあまり馴染みがないのですが、欧米ではボディ用とデリケートゾーン用の石鹸を分けて使うことが多いです。

デリケートゾーン専用の石鹸には保湿成分がたっぷりと含まれているので、乾燥を防いで保湿をしっかりしてくれます。

肌のバリア機能である皮脂を流しすぎないよう、天然素材で肌に優しい成分を配合しており、敏感な部位を守ります。

毎日使うことで、デリケートゾーンの黒ずみやにおいも解消される効果もあります。

Vラインのかゆみの原因

これまで書いた方法でかゆみを解消したら、もうかゆくならないようにしたいですね。
そのためにも、なぜかゆみが発生してしまうのか?を、まずは把握しましょう。

Vラインのかゆみの原因はいくつか考えられます。
あなたにも思い当たることがありませんか?

蒸れによるかぶれ

デリケートゾーンは湿気が多くて菌が好む場所です。
毛にへばりついた汗が蒸れて、菌が増殖し、かゆみやかぶれを引き起こす原因になることもあります。

特に、ナイロンやポリエステル生地などの通気性の悪い下着をつけていると、デリケートゾーンは余計に蒸れ、かぶれやすくなります。

下着だけでなく、通気性の悪い衣服などでも同じことが言えます。

カミソリ負け

かゆみの大きな原因の一つに、カミソリによるムダ毛の自己処理が挙げられます。

デリケートゾーンは文字通り、とてもデリケートな部分。
顔よりも角質層が薄いため、外部からの刺激やストレスにとても弱い部分です。
それなのに、何度も何度もカミソリでの処理を続けていると、肌は傷つきボロボロになってしまいます。

どんなに気を付けて処理をしたとしても、気づかないうちに薄い皮膚をそぎ落としてしまい、肌のバリア機能を低下させてしまっています。

バリア機能の低下した肌は、乾燥にもろく、かゆみや炎症などの肌トラブルを呼び込んでしまいます。

カミソリで処理している方におすすめの記事はコチラ

「カンジタ症」などの感染症や皮膚病

Vラインなどのデリケートゾーンは、感染症も起こしやすい部位です。

良く知られているものとして、「カンジタ症」という感染症があります。
カンジタは常に膣内にいる真菌ですが、性交渉や免疫力の低下によって増殖し発症します。
かゆみの他に、白いドロッとしたおりものが出ることが特徴です。

他にも、たむし、水虫や毛じらみなどの例も考えられます。

Vラインのかゆみ対策には脱毛がおすすめ!

それでもやはり、かゆみに悩まされているあなたには、脱毛サロンでVラインの脱毛をすることをおすすめします!

脱毛するとかゆみがなくなる

サロンできちんと脱毛することで、かゆみがなくなり、肌トラブルから解放されるという嬉しいメリットがあります。

「脱毛でどうして?」と思われるかもしれませんが、それには、ちゃんと理由があるんです。

肌が傷つかない

脱毛してしまえば、自己処理をする必要もなくなり、カミソリなどで肌を傷つける心配がありません。
傷ついた肌から雑菌が入って、炎症や化膿を起こすリスクもなくなります。

また、カミソリ処理によって伸びた毛が、チクチクして下着や肌に刺さることがありますよね?
実は、これも肌に刺激を与えて傷つけてしまっているのです。

肌に余計な負担を与えないためには、一度きちんと脱毛をして、その後毛を生えない状態にておくことがベストです。

毛による「擦れ」がなくなる

下着と毛が擦れて刺激が起こると、かゆみやかぶれが出ることが多くなります。
特に、ナイロンやポリエステル生地などは、肌や毛との摩擦が生じやすく、かゆみがある人にはあまり良くありません。

脱毛をすることで、毛と下着の摩擦を減らし、かゆみの症状も出にくくすることができます。

毛による「蒸れ」がなくなる

脱毛、あるいは毛を薄くした状態であれば、汗も蒸発しやすくなったり、下着に吸収されやすくなるため、蒸れによるかゆみも軽減できます。

煩わしさから解放される

毛がからまったり、生理中のおりものや汚れが毛につくことがなくなり、衛生的です。
不衛生な状態は菌を増殖させ、かゆみやかぶれを引き起こすことがあります。
また、精神的にも負担を感じることもあるでしょう。

心と体の両方において、脱毛は、そういった煩わしさから解放してくれるメリットもあります。

おすすめの脱毛サロンは「ミュゼ」!

今は、サロンでのVラインを脱毛することは当り前のようになりました。
スタッフの知識も豊富で、料金においても非常に通いやすい設定になっています。

とりわけ、業界内でも激安と言われるミュゼであれば、お財布の負担も少なく、気軽にお試しができます。

サロンで脱毛するべきか悩んでいる方も、足を運びやすいと思いますよ。

ミュゼのキャンペーンで気軽に脱毛!

まずは、ミュゼのキャンペーンなどを利用してみてはいかがでしょう?
初回のみWEB予約をすると、Vラインとワキ脱毛が無制限でなんと300円という激安価格でお試しできます!

Vラインとワキ脱毛は、色々なコースについてきますので、選択肢が多いのも嬉しいです。
(※キャンペーンの料金や内容は期間によって変わりますので、随時チェックしてみてください)

カウンセリングもしっかり行ってくれますので、かゆみなどの悩みに答えてくれながら、状態にあったプランを提案してくれます。

詳しく知りたい方は、以下の記事もチェックしてみてくださいね。
Vライン脱毛は今予約がお得!ミュゼのキャンペーンを賢く利用!

安易な自己処理を避けて、きちんと脱毛を

皮膚病以外だと、安易な自己処理が原因という場合が多い、Vラインのかゆみ。

顔はしっかりケアするけど、意外とデリケートゾーンには無頓着という方、結構多いんです。

自分のデリケートゾーン、一度きちんと見てあげてください。

そして、できるなら早めにサロンでの脱毛に踏み切りましょう。
かゆみや肌トラブルから逃れ、キレイですべすべの肌を手に入れる近道になりますよ!