Vライン脱毛ガイド > Vラインが脱毛できるサロン > 【痛くない!】ディオーネのVライン脱毛がおすすめの3つの理由

【痛くない!】ディオーネのVライン脱毛がおすすめの3つの理由

水着や下着姿で気になるのがアンダーヘア対策。
Vラインを脱毛している女性も少なくないでしょう。

自己処理している方もいらっしゃると思いますが、サロンやエステなどで脱毛した方が肌トラブルも防げて、仕上がりも美しく、おすすめです。

しかし、場所が場所だけにVIO施術って、何だか痛そうですよね。

そんな今回は、「痛くない脱毛」で人気のディオーネのVライン脱毛をご紹介します。
メリットやデメリット、ディオーネでのVライン脱毛の流れや注意点なども具体的にまとめてみました。
よくある疑問などもご紹介しているので、併せてチェックして下さいね。

Vライン脱毛をディオーネでおこなうメリット

そもそも、ディオーネのVライン脱毛は、なぜ痛くないと言われているのでしょうか?
その理由は、ディオーネの脱毛法ならではの特徴にあります。

では、その詳しい脱毛法と、ディオーネでVライン脱毛を行うメリットも併せて見ていきましょう。

①痛みがなく肌に優しい

先ほども触れたように、脱毛=痛いというイメージを持っている方もいらっしゃると思います。

多くのサロンでは、毛の黒い色に反応する光やレーザーを使います。
毛根を焼いて壊す事で、脱毛が成り立つのですが、高温の熱を発生させます。
そのため、痛みを感じたり、ヤケドや肌トラブルを起こす可能性もあるのですね。

しかし、ディオーネの脱毛最大のポイントが、ハイパースキン法。
これは、毛の生まれ変わるサイクルの毛周期を上手く使っているのが特徴です。
休止期という、毛がない状態の毛穴に光を当てる事で、発毛自体を防ぐ脱毛法なのですね。

毛そのものに作用しないため、痛みもないですし、ヤケドなどのリスクもないという訳です。

デリケートなVラインを脱毛するなら、なおさら安心ですし、敏感肌の方も安心して施術が受けられるのですね。
なんと、3歳の女の子も通っているほど、優しい脱毛法なのです。

②美肌効果

ディオーネのハイパースキン脱毛の特殊な光には、肌内部のコラーゲンを作り出す細胞を活性化させる効果があるのです。

実は、通常のサロンでは、このような特殊な光を当てるのは、脱毛とは別の扱いになります。

特にVラインは、黒ずみを気にする方も多いと思います。
脱毛しながら、黒ずみケアも出来るという嬉しいメリットはディオーネならではなのですね。

③処理スピードの早さ

ハイパースキン脱毛は、毛を処理するスピードが早いという利点もあります。

大手サロンでよくある、毛そのものに熱を加える脱毛法は、2ヶ月に1回というペースが主流です。

ディオーネでは、発毛する前の毛の種に作用するため、約1ヶ月に1回のスピードでサロンに通う事が可能です。

そのため、他のサロンと比べ、2倍のペースでムダ毛を解消できるのですね。

ディオーネのVライン脱毛の料金

では、そんなディオーネのVライン脱毛はどのようなプランや料金形態があるのでしょうか。
Vラインの脱毛だけでも大きく分けて、5種類のコースがあります。
具体的にご紹介しましょう。

①アンダーボディーコース

Vラインだけ脱毛したい方向けのコースです。
特にビキニを着た時に目立つVラインの上部とサイドで、分けられているため、特に気になる方を集中的に脱毛出来ます。

ビキニVライン上部

へその下あたり〜ビキニを着た時の上部のラインまでを脱毛するコース。

6回のショートコースで15,000円(抜)、12回コースだと24,000円(抜)でお得になっています。
メンテナンス追加1回で2,000円(抜)。

ビキニVラインサイド

ビキニのサイドラインを脱毛するコース。

6回のショートコースで18,000円(抜)、12回コースだと30,000円(抜)でお得になっています。
メンテナンス追加1回で2,500円(抜)。

②VIOライン脱毛

デリケートゾーンのVラインだけではなく、IもOも処理が可能な2コースです。
アンダーヘアーをメインに処理したい方向けですね。

ハイジニーナコース

Vラインだけではなく、VIO部分すべてツルツルに脱毛可能なハイジニーナコース。
6回のショートコースで72,000円(抜)、12回コースだと120,000円(抜)でお得になっています。
メンテナンス追加1回で10,000円(抜)。

semiハイジニーナコース

こちらはパイパンではなく、VIO全て希望の形を残せるコースです。
6回のショートコースで57,000円(抜)、12回コースだと96,000円(抜)でお得になっています。
メンテナンス追加1回で8,000円(抜)。

③3箇所コース

こちらは、LパーツとSパーツから3箇所を選び、脱毛出来るコース。

Lパーツは、背中やお腹などの広めの部位、Sパーツは、IラインやVライン、両ワキなど小さめの部位になっています。

全て6回ショートコースのみで、SとLの組み合わせで料金が変わります。

SSSパーツ

Sパーツから3箇所選べるコース。
6回で、36,000円。

LSSパーツ

Lパーツから1箇所、Sパーツから2箇所選べるコース。
6回で、45,000円。

LLSパーツ

Lパーツより2箇所、Sパーツから1箇所選べるコース。
6回で、55,000円。

④4箇所コース

こちらは、LパーツとSパーツから4箇所を選び、脱毛出来るコース。

こちらも、全て6回ショートコースのみで、組み合わせで料金が変わります。

SSSLパーツ

Sパーツから3箇所、Lパーツから1箇所選べるコース。
6回で、55,000円。

SSLLパーツ

SパーツとLパーツから2箇所ずつ選べるコース。
6回で、60,000円。

SLLLパーツ

Sパーツから1箇所、Lパーツから3箇所選べるコース。
6回で、70,000円。

⑤全身脱毛コース

全身脱毛の中にVライン脱毛も含まれるコース。
Vライン脱毛だけではなく、他の部位もまとめて脱毛したい方向けですね。

全身脱毛

こちらは、LパーツとSパーツから4部位ずつ計8部位を選び、脱毛出来るコース。
特に気になる部分を集中的に脱毛出来るのが、特徴です。

6回のショートコースで99,900円(抜)、12回コースだと198,000円(抜)でお得です。
メンテナンス追加1回で16,500円(抜)。

全身まるごと脱毛

こちらは、首から下の全て部位の脱毛ができるコース。
Vラインはもちろん、まるごと脱毛したい方向けですね。
6回のショートコースで210,000円(抜)、12回コースだと360,000円(抜)でお得です。
メンテナンス追加1回で30,000円(抜)。

Vライン脱毛をディオーネでおこなうデメリット

先ほども触れたように、ディオーネでのVライン脱毛は、既に生えている毛ではなく、毛が生える前の状態の種に作用して、新たな発毛を防ぎます。

他サロンのように、生えている毛がすぐ無くなる訳ではないので、効果が遅いと感じるようです。

ディオーネでのVライン脱毛の注意点

Vライン脱毛のメンテナンスは、12回コースを購入し、終了した方のみになります。

3箇所や4箇所のパーツを選ぶコースや6回のショートコースは、メンテナンス対象外になるので、気をつけて下さいね。

ディオーネでのVライン脱毛の流れ

ディオーネでVラインを処理する時の流れをまとめてみました。
通う前に是非、参考にして下さいね。

①無料カウンセリング

スタッフと希望するVラインの形や毛量、毛の状態などのカウンセリングをします。
所要時間は約30分から1時間程です。
脱毛で心配な事やVラインの形など、相談に乗ってくれますよ。

当日はカウンセリングだけでも可能ですし、カウンセリングの後に施術を体験する事も可能です。
施術を希望する場合は、ネットでの予約時にそのような項目があるので、チェックして下さいね。

②着替え

下は、VIO脱毛専用の紙ショーツに着替えます。
上はガウンに着替えます。

③毛の状態チェック

Vラインの脱毛部位の毛をチェックします。
スタッフが、シェービングしてくれるサービスもあるので安心です。

ディオーネでは、Vラインの事前処理は特に必要ありませんが、自分で事前処理をしていると、その分、照射時間が増えるという事もあるようなので、店舗に確認してみて下さい。

④殺菌・消毒

施術部分の肌をコットンに含ませた強酸性水で消毒します。

⑤美肌ジェルを塗布

コラーゲンやヒアルロン酸などがたっぷり入った美肌ジェルをVラインの施術部位に塗布します。
VIOは、常温の状態のジェルを塗ってくれるので、冷たくないですよ。

⑥施術

希望する形に沿って、1.2秒に1回の照射をしていきます。
Vラインは2周当ててくれます。

⑦ジェルふきとり

肌に残った余分なジェルを取ってから、コットンで拭き取ります。
最後に精製水を含ませたコットンで、丁寧に拭き取ってくれます。

⑧アフターケア

プラセンタエキスやアロエエキスなど美顔専用の美容液をたっぷりとVラインに塗布します。
この美容液には、美肌効果だけではなく美白効果もあるので、Vラインの気になる黒ずみにもピッタリなのです。

⑨着替え

服に着替えます。
化粧直しなどの後には、嬉しいドリンクサービスも。
次回の予約を取って終了です。

ディオーネでの脱毛の疑問あれこれ

ディオーネでのVライン脱毛で、よくある疑問をまとめてみました。
是非、参考にして下さいね。

生理になったらVライン脱毛はできない?

衛生面の問題や肌トラブルを避けるため、生理中のVライン脱毛は出来ません。
ディオーネでは、VIO以外の部位なら、生理中でも脱毛は可能ですが、肌が敏感になっているため、避けた方が無難です。

ちなみに、ディオーネでは店舗によってキャンセル料が違うので、カウンセリング時に確認してみて下さいね。

ディオーネのVライン脱毛は痛い?

先ほども触れたように、ディオーネの脱毛は、3歳の女の子でも通えるほど痛くないのが特徴。
子供でも敏感肌でも大丈夫と宣伝しているだけあって、無痛です。
体の中でも特に痛みを特に感じやすいVラインでも安心ですよね。

剃り残しのシェービングはお金がかかる?

ディオーネでは、Vラインはもちろんすべての部位で、剃り残しのシェービングが無料です。
剃り残しがあると脱毛出来なかったり、別料金がかかる事もないので、良心的なのです。

ディオーネのVラインの範囲はどこまで?

ディオーネのVラインの範囲は、かなり範囲が広いようです。
真ん中を少し残せば、足の付け根~サイドをかなり幅広に取ってもらえるとの口コミもありました。
店舗によってニュアンスが違うようなので、詳しい範囲は、カウンセリング時に聞いてみて下さいね。

痛くないVライン脱毛で美肌に!

ディオーネの休止期の毛に作用する「痛くない脱毛」は、体の中でも特に痛みを感じやすいVラインでも安心ですし、痛みに弱い方やお肌が敏感な方にもおすすめです。

また、Vラインなどのデリケートゾーンは、黒ずみも発生しやすい部分。
特殊な光で、肌内部のコラーゲンの生成を促進し、美肌作りを促進してくれるのも女子としては大きな魅力です!

ディオーネのスピーディーなVライン脱毛で、美しいVラインを手に入れて下さいね。