Vライン脱毛ガイド > Vライン脱毛の基礎知識 > Vライン脱毛ってやっぱり痛い?【痛みが不安な方へ】徹底解説!

Vライン脱毛ってやっぱり痛い?【痛みが不安な方へ】徹底解説!

「Vライン脱毛は痛い」と聞いたことはありませんか?
今、多くの女性がしているVライン脱毛。
痛みを感じたことがある人も少なくはありません。

Vラインはデリケートな部位なので、特に注意が必要な部分でもあります。
Vラインの脱毛をしたくても、痛みがあるとわかるとなかなか脱毛に踏み切れませんよね。
今回はVライン脱毛の痛みはどの程度なのか、痛くないVライン脱毛はあるかについて紹介します。

Vラインの「メラニン色素」が痛い原因

「Vライン脱毛は、他の箇所の脱毛よりも痛い」という話は、Vライン脱毛体験者からよく聞かれます。
なぜ痛みを感じやすいのでしょうか?

原因は、脱毛方法と「メラニン色素」の関係にあります。
エステで行われる光脱毛やクリニックで行う医療レーザーは、毛の黒色成分となるメラニン色素に反応し、熱処理します。

そのため剛毛で色素沈着しやすいVラインは、メラニンの影響範囲が広く、とくに痛みを感じやすいのです。
その上、Vラインの皮膚は薄く、また毛量も多く密集しているため、刺激を受けやすいといえます。

Vラインはデリケート。だから脱毛方法の選択は慎重に!

脚や腕の脱毛を自己処理している人は多いかもしれませんが、Vラインはどうでしょうか?
痛みが心配だったり、恥ずかしいという思いからなかなか脱毛に踏み出せない方もいるでしょう。

しかし皮膚が薄くデリケートな箇所なので、間違った方法でVライン処理を続けていると、炎症、かゆみなどのトラブルが起こるかもしれません。
失敗と後悔をしないためにも、プロに任せることをオススメします。

痛みはどの程度?医療機関とエステでの脱毛を比較

Vラインの脱毛方法は、クリニックでの医療レーザーとエステでの光脱毛があります。
どちらも基本の仕組みは同じで、毛根のメラニン色素に照射して熱処理します。

しかし医療レーザーは医療機関でしか使用できません
国で決められているため、施術者は医師免許が必要です。
一方で、エステの光脱毛の場合は、施術者は特に医師免許は必要ありません

同じ仕組みで脱毛をする医療レーザーと光脱毛ですが、なぜクリニックとエステに分かれているのでしょうか?
とくに心配な「痛み」がどう違うのか、その点を中心に比較していきましょう。

医療機関でのVライン脱毛の痛み

クリニックでの脱毛は、医療レーザーを使います。
特徴は、

  • レーザーの出力が高い
  • 毛一本ずつではなく、面単位で脱毛

そのため、エステに比べて脱毛時間は短くなりますが、痛みが強くなります。

実際に医療レーザーを行った人の体験談は、

  • ワキとは全然違い、冷汗が出るほど痛い
  • 歯を食いしばっていないと、声が出てしまう
  • 耐えられなくはないけど、激痛

個人差はありますが、なかには痛みに耐えられず、脱毛を断念する人もいるようです。

医療機関が痛みに対してやってくれること

痛みに弱い方や、実際に医療レーザーをやってみて痛みを感じた方は、無理せずに痛みを伝えましょう。
麻酔クリームなどをしてもらえば、痛みは和らぎます。

しかし麻酔代はかかりますので、注意が必要です。
保険適用外で、1回1部分の料金が2,000~3,000円程度のクリニックが多いようです。

それ以外には、医療レーザーの出力を下げてもらう方法があります。
その場合施術回数を多く重ねる必要があるので、施術期間は延びてしまいますが、無理は禁物です。

エステでのVライン脱毛の痛み

エステでの脱毛は、光脱毛です。
医療レーザーに比べ、レーザーの出力が低いので痛みを感じにくいです。

実際に、光脱毛でVラインを脱毛した人の感想は、

  • 痛みはほとんどない
  • 輪ゴムで弾かれるような痛み
  • 医療レーザーより痛くない

光脱毛は、脱毛技術の中で一番痛みが少ないと言われているため、安心して始められると言えます。
またエステサロンなので、術後のスキンケア相談も出来るのがポイントです。

エステが痛みに対してやってくれること

もともと痛みを感じにくい光脱毛ですが、不安な場合は光の出力を下げて始めることも出来ます。
また脱毛部分を冷やしながら施術しますので、冷却ジェルを足して痛みを麻痺させ、軽減する方法もあります。

エステでのVライン脱毛、くすぐったさはある?

痛みを感じにくい光脱毛ですが、くすぐったさはあるようです。

  • 光脱毛前に、電気シェーバーでムダ毛処理をされる時にくすぐったさがある
  • 冷却ジェルを塗られると、くすぐったくて震えてしまう

施術を受けた人ほとんどがくすぐったさを感じるので、エステティシャンは慣れています。
万が一、笑ってしまっても心配ありませんよ!

痛みに弱い人はエステでのVライン脱毛がおすすめ

医療機関とエステを比較した結果、より痛みを感じにくいのは光脱毛ということが分かりましたね。
他の箇所より痛みを感じやすいVライン脱毛には、エステでの光脱毛がオススメと言えます。

痛いVライン脱毛は、肌にも刺激がある?肌トラブルは大丈夫?

痛みは感じにくい光脱毛ですが、少しでも痛みを感じるなら、肌への刺激が気になりますよね。
毛根を熱処理するので、少なからず刺激はあります

しかし肌トラブルを招く原因は、施術中ではなく、アフターケアにあります。
大事なアフターケアを怠ると、痒みや赤み、痛みに繋がる恐れが…。

肌トラブルを抱えた状態だと、次の施術を受けられないこともあるので注意が必要です。
また脱毛の光やレーザー自体が肌に合わない場合もありますので、しっかりとカウンセリングを予約した際に、パッチテストも利用したいと伝えておきましょう。

【脱毛直後】禁止事項を守る、保湿をする

肌トラブルを起こさないために、脱毛直後に守ることを事前に頭に入れておきましょう。
光脱毛した直後は、肌に熱がこもっている状態です。
そのため、血行をよくして体に熱をためてしまうことは禁止です。

  • 飲酒
  • スポーツ
  • 入浴
  • マッサージ
  • エステ

そして脱毛後は肌が乾燥しているので、しっかりと保湿をしましょう。
普段使いのボディクリームや、保湿効果の高いジェルなど、自分の肌に合ったものでケアします。

また脱毛個所の日焼けにも注意しましょう。
光脱毛はメラニン色素に反応するため、日焼けをしてしまうと施術を受けられないこともあります。

サロンによって禁止事項は異なりますが、他には、術前後10日以内の予防接種は禁止、というところもあります。

【次の脱毛までに】衛生的な自己処理、保湿をする

次の脱毛までに自己処理する場合は、衛生的に行いましょう。
そして行っていいのは「除毛」であって、「脱毛」ではありません。
毛抜きやワックスシートなどで、毛を抜くことは出来ませんので、電気シェーバーカミソリなどを使ってシェービングします。

また除毛クリームは、使用可能とそうでないサロンがあるので、事前に確認をしておきましょう。
衛生的な除毛をして、きちんと保湿しましょう。

肌トラブルはアフターケアで防げる!

禁止事項を守り、衛生面に気を付けながら保湿をすれば、肌トラブルは防ぐことが出来ます。
アフターケアについて、他にも知りたいことがある場合は、エステティシャンに相談すると安心です。

肌の負担も少なくて痛くないVライン脱毛はある?

医療レーザーに比べて、痛みを感じにくく、肌トラブルも少ないエステでの光脱毛。

「でもやっぱりVラインの脱毛は痛いのでは?」「出来れば無痛がいい!」「敏感肌でも大丈夫?」
そんな心配がまだ消えないアナタに、オススメのエステサロンがあります。
肌への負担が少なく、痛くないVライン脱毛が可能です。

完全無痛!肌が弱い人でも安心なディオーネがおすすめ!

「ディオーネ」ではなんと、完全無痛のVラインが出来ます。
なぜならディオーネの光脱毛は、高熱処理をしません。
そのため、肌へのダメージが無く、痛みを感じることがないのです。

敏感肌専門脱毛サロンとして誕生したので、他のエステサロンでNGを受けてしまった敏感肌の方も心配いりません。

  • 無痛
  • 体感温度38度
  • 温かみを感じるだけ

なので、お子様でも施術を受けられます。

3歳の子どもでもOK!全く痛みのないハイパースキン脱毛法

ディオーネでは、3歳のお子様でも施術を受けられる「ハイパースキン脱毛」という脱毛方法でVライン脱毛をします。
「ハイパースキン脱毛法」とは、毛根を熱で焼いて処理する方法とは違います。

3~4週間に1回のサイクルで、毛の種に特殊な光を当て、発毛を予防する新しいやり方です。
特殊な光は、肌の内側でコラーゲンを作るサポートまでしてくれるため、脱毛しながら美肌も目指すことができます。

ハイパースキン脱毛法!経験者の口コミはコチラ

『ディオーネで最初に脱毛してビックリ!全然痛くないし、脱毛の時に塗ったジェルが温かくて気持ちよかったです。』(20代)

『ハイパースキン脱毛は、火傷の不安がないので安心です。その上、脱毛するたびに肌が段々と綺麗になっていって、嬉しいです。』(30代)

『敏感肌で悩んでいましたが、ディオーネのハイパースキン脱毛は、痛みもなく、肌トラブルもないので、出会えたことに感謝です。』(20代)

『優しくて親切なスタッフさんだし、脱毛も本当に痛くなくて、心地いい温かさで眠くなってきちゃうくらいです!』(10代)

『他のサロンでの光脱毛は、ゴムで弾かれるような痛みがあるのに、ハイパースキン脱毛は噂通りの無痛!リラックスできました。』(30代)

このように、Vライン脱毛なのに無痛、という驚きと喜びの経験談が多いです。

デリケートなVライン、痛みを回避する方法で脱毛しましょう

デリケートゾーンは皮膚が薄いため痛みを感じやすいし、アンダーヘアは太い毛質で黒ずみやすいため施術の刺激も強くなってしまいます。
脱毛の施術中は辛いかもしれませんが、それを越えれば生理の時も清潔を保ちやすくなり、ツルツルで形のキレイなVラインで下着からもはみ出ず、どんな時も自信をもつことができます!

ミュゼなどの人気サロンでは、定期的にお得なキャンペーン価格でVラインを含んだコースの施術を受けられる時もありますので、ぜひ公式サイトなどをこまめにチェックしてみてください!

ディオーネのような、特殊なサロンでない限りはどのクリニック、サロンに行っても、脱毛の痛みは少なからずついてくるものです。
あなたにとってメリットが多く、相性のいい方法で脱毛を初めましょう!