Vライン脱毛ガイド > Vライン脱毛の基礎知識 > Vゾーンを脱毛するメリットとデメリット

Vゾーンを脱毛するメリットとデメリット

近頃は、夏以外でも露出する機会が増えています。
また、季節、老若男女を問わず、水着を着る機会がグッと増えて、ムダ毛が気になるところです。

他の人に見られることがなくても、恋人に下着からVラインの毛がはみ出ているのを見られたら、はずかしいですよね?
そんな姿、恋人もガッカリするはずです。

Vラインの処理をしていないという人いませんか?
それ、わたしだ!と思った方、要注意です!
アンダーヘアの処理をしていないと、見た目も衛生的な面でも、損をしています!

最近では、Vラインの処理をするのは当たり前になってきているので、処理していない方はこの機会に脱毛してみましょう!

しかし、Vラインの脱毛なんてしたことないから、いろんなことがわからない!という人もいるでしょう。
また、デリケートな部分だから、あまりいじると、よくないのでは?と躊躇している人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、Vラインのメリット、デメリットはどんなことなのか?
Vラインを脱毛する人が多いのはなぜなのか?
どんな風に処理するといいのかを見ていきたいと思います。

Vライン脱毛のメリット

Vライン脱毛をすると、多くのメリットが得られます。
主なメリットは以下の通りです。

デリケートゾーンのトラブル&肌荒れ回避

アンダーヘアがないので、清潔に保て、通気性がよくなり、ムレも軽減されます。
生理中の経血、おりもの、排泄物がデリケートゾーンに付着したままになりにくいので、雑菌の増殖が抑えられます。
その結果、嫌な「におい」や「痒み」を軽減できます。

デリケートゾーンのトラブルが減れば、婦人科に通ったり、薬を購入するなどの費用を抑えることもできます。
また、そういったことへのストレスもなくなるので、衛生的、精神的にもとても良いのです。

オシャレの幅が広がる

オシャレな下着や水着は、布の面積が小さいものが多く、アンダーヘアの処理をしていないと、身につけられないものもあります。

しかし、Vライン脱毛をすると、毛のはみ出しなど気にすることなく、オシャレな下着や水着をつけられるので、選択の幅が広がります。

自己処理が軽減

Vライン脱毛の方法によりますが、頻繁に処理していたアンダーヘアの処理の回数が、グッと減ります。
カミソリでケアしたり、その都度、ケアするだけでは、すぐに生えてきてしまいます。

しかし、プロにお任せでも、自宅での脱毛でも、脱毛すると、毛が自然に抜け落ち始めます。
最初のうちは、実感できない方も多いようですが、回数を重ねるにつれ、毛の本数や毛質が変わってきます。

エステサロンやクリニックで処理した場合、おおよそ12回程度繰り返すと、産毛に近い状態になり、自己処理の必要がなくなります。
継続して続ければ、1~2年ほどで、自己処理のストレスから開放されるのです。

黒ずみ&色素沈着の悩みから開放される

Vライン脱毛で、黒ずみ&色素沈着が消えるの!?とびっくりしますが、脱毛方法で、この2つを解消することができます。
「医療レーザー」での脱毛は、黒いものに反応してしまうため、黒ずみ&色素沈着にも反応してしまいます。
そのため、逆にトラブルの原因になることもあります。

しかし、エステサロンで採用している「光脱毛」は、照射光のレベルを下げて脱毛することができるため、色素沈着があっても安全なのです。

また、最近では、美肌効果のある「IPL脱毛」と呼ばれる、肌細胞を活性化させる可視光線を使った処置ができる機械があります。
これは、美白効果を狙ったフォトフェイシャルなどにも使われるものです。

そのため、Vラインの脱毛をしつつ、色素沈着や黒ずみの除去が期待でき、一石二鳥なのです!
さらに、脱毛サロンによりますが、美白ローションを塗ってくれるので、色素沈着&黒ずみが改善されやすくなります。

ただし、色素沈着&黒ずみに関しては体質によって変わるので、完全に消える人と薄くなるだけの人とに別れます。

Vライン脱毛のデメリット

Vライン脱毛をすると、沢山のメリットがあることがわかりましたが、デメリットも考えて、施術を受けるようにしましょう。

Vラインのため、痛みがある

Vラインの毛は結構太いので、どうしても痛みがあります。
また、デリケートな部分なので、痛みも感じやすいのです。

特に、「医療レーザー」の場合、照射光が色素沈着に反応してしまうため、痛みが多いのです。
中には麻酔クリームを使うところもあります。
痛みに弱い方には、おすすめしません。

Vライン脱毛に関しては、エステサロンの光脱毛の方がおすすめです。
しかし、エステサロンの光脱毛でも、デリケートな部分なので、痛みは伴います。
脱毛時の痛みが気になる場合は、鎮痛クリームを塗ってくれるエステもありますので、確認しましょう。

施術を受けるのがはずかしい

なんといっても、デリケートゾーンの脱毛なので、恥ずかしいと感じる人が多いはず。
Vラインの施術は、仰向けに寝た状態で、専用の下着もしくは、タオルを巻いた状態で行います。
通常、下着をずらしながら、Vラインの処理をするので、性器が見えることはありません。

しかし、足を軽く開き、見た目はよくないので、慣れるまではちょっと抵抗があります。

色素沈着&黒ずみがひどいと脱毛NGの場合も!

エステサロンによっても対応が異なりますが、色素沈着&黒ずみがひどいと、脱毛で着ないこともあります。

しかし、誰でも黒ずみはありますので、あまりにもひどくなければ、通常は施術叶です。
不安な方は、一度、お問い合わせください。

脱毛が終了するまでチクチクする

Vライン脱毛だけではなく、脱毛は基本的に1度ですぐにツルツルになるわけではありません。
そのため、次の脱毛までの間に、毛が生えてきてしまいます。
そのとき、デリケートゾーンなので、どうしても、チクチクが気になりますが、すぐに慣れてきますので、ご安心を!

温泉などだとはずかしい

人によりますが、Vライン脱毛、『ハイジニーナ』脱毛で、形が整いすぎていたり、ツルツルになっていると、目立つので、それが気になる人もいるようです。
人と異なると、ちょっとはずかしい気持ちになりますが、お手入れを行っていない状態より、清潔感があり、良い印象なのではないでしょうか?

また、施術と施術の間ですと、生えかけの毛が目立つため、温泉など人に見られるところに行くのは、避けるのがベターです。

いいところも悪いところもあるVライン脱毛。
デメリットを考えれば中々簡単にはできないと思いますが、なぜ多くの人がVライン脱毛するのでしょうか?
次はそちらを見てみましょう!

Vラインの脱毛をするのはなぜ?

実は、昔はそれほどVIOラインのケアをする人は多くありませんでした。
しかし、最近では、水着や下着もグッとおしゃれになって、それに合わせるように、アンダーヘアのケアが大事になってきています。

海外では常識!Vラインの脱毛

日本では、まだVIOラインのケアをしている人は、6~7割と言われています。
しかし、欧米人からすると、Vラインの処理をしないのは、マナー違反だという感覚です。

また、『ハイジニーナ脱毛』を好む欧米人も多いです。
『ハイジニーナ脱毛』とは、アンダーヘアを全て抜いてしまう脱毛スタイルのことを言います。

それほど、アンダーヘアのケアが欧米人にとっては、重要だということです。
そのため、欧米人からすると、日本人のアンダーヘアケアに対する甘さにビックリするようです。
欧米人は、アンダーヘアの処理にはとても厳しいですが、他の部分の脱毛に関しては非常に甘く、日本人にとってはビックリすることです。

国によって、脱毛したいという箇所が違いますが、最近では、日本でも、Vラインのケアは重要視されています。

芸能人&ハリウッドセレブもやっている!

Vラインの脱毛をしている芸能人やハリウッドセレブも多いです。
有名なところでは、叶姉妹ですが、写真集で蝶のタトゥーを入れた『ハイジニーナ』を披露しています。
また、グラビアアイドルなどは、基本的にハイジニーナ脱毛、Vライン脱毛をしています。

それでは、Vライン脱毛をするには、どうすればよいのでしょうか?
様々な方法がありますので、ご紹介していきます!

Vライン脱毛をするには

エステサロン&クリニック

きれいにVライン脱毛をするには、なんといっても、プロに施術してもらうのが一番です!
特におすすめなのが、エステサロンの「光脱毛」です。
「光脱毛」だと、肌もきれいになるので、一石二鳥です。

クリニックの「医療レーザー」は威力が強いので、痛みが結構あります。
そのため、VIOの脱毛に関しては、エステサロンで施術を受ける方をおすすめします。

家庭用脱毛器

どうしても、他の人にVラインを見せるのははずかしい!という方には、家庭用脱毛器がおすすめです!

おすすめの家庭用脱毛器はケノンです。
使い勝手がよいので、Vラインの処理にもピッタリです。

ただし、家庭用脱毛器は、エステなどの機械と比べ、照射力はグッと弱くなるので、効果が出るのは遅いです。

さらに、自己処理する際、注意したいことが何点かあります。

まず、脱毛する部分を剃っておかないと、毛の部分に熱が集まってしまい、火傷してしまうことも!
照射するときは、一番弱いレベルからスタートしましょう。
また、脱毛後はしっかり冷やしておかないと、後でトラブルの元になります。

シェーバー&ヒートカッター

VIOラインの処理に便利なのが、シェーバー&ヒートカッター。
安価にVライン脱毛をするには、シェーバー&ヒートカッターを使うと、とてもお手軽にできます。

しかし、カミソリ同様、シェーバーで処理しても、すぐに毛が生えてきてしまい、チクチクして、痒くなります。
ヒートカッターは毛先を処理するものなので、うまく組み合わせて処理すれば、安く、短時間でVラインの処理ができます。

しかし、埋没毛ができたり、極太毛になってしまう可能性もあります。
そのため、エステサロン&クリニックに通うか、家庭用脱毛器を使うことをおすすめします。

やっぱりVライン脱毛がおすすめ!

Vラインの脱毛方法には様々なものがありますが、多くのメリットがあるとわかりました。
また、Vライン脱毛は、日本でも徐々に浸透してきています。
海外では、Vライン脱毛をしている女性がほとんどで、男性の支持も高いです。

日本では、まだまだVIOラインのケアを怠っている女性も多いですが、この機会に、ぜひ、Vライン脱毛を体験してみてはいかがでしょうか?
1度、Vライン脱毛をしてしまうと、今までの悩みは何だったのだろうと思うこと、請け合いです!

まずは、Vライン脱毛を体験してみましょう!