Vライン脱毛ガイド > Vライン脱毛の基礎知識 > 「Vライン脱毛は恥ずかしい?」という疑問を払拭!実際の体勢は?

「Vライン脱毛は恥ずかしい?」という疑問を払拭!実際の体勢は?

Vライン脱毛するなら絶対おすすめ!脱毛サロンランキング

サロン キャンペーン
300円で【両ワキ&Vライン通い放題】+【2か所脱毛】プレゼント
詳細はコチラ
敏感肌・ニキビ肌OK!VIO脱毛体験 5,400円
詳細はコチラ
全身脱毛、初回0円
詳細はコチラ
>>どうしてミュゼが1位?他サロンとの比較はこちら

肌を露出する服を着ると、腕・脚・ワキなど色々な箇所のムダ毛が気になりますよね。

そのなかでもVライン(ビキニライン)のアンダーヘアは、きちんと処理をしないと水着や下着からはみ出してしまうので、できれば脱毛をしてキレイにしておきたい箇所です。

しかし「脱毛する時、スタッフの方に見られるのは恥ずかしい…」という理由から、カミソリや毛抜きを使ってムダ毛処理を繰り返している人が多いのが現状。

しかしカミソリや毛抜きでの手入れを続けていると、肌への炎症や埋没毛、黒ずみなどが起こる危険性もあります。

そこで今回は、そんなVライン脱毛の第一関門である「恥ずかしい」気持ちを払拭するべく、実際に施術を受けるときの服装や脱毛方法などの情報をお伝えします。

施術の実情を知れば、Vライン脱毛に向けた心構えもしやすくなるでしょう。
ぜひ、参考にしてみてください。

Vライン脱毛の施術の流れとは

Vライン施術時の服装や体勢などは、脱毛未体験の方にとって気になるポイントです。
そこで、実際にVライン脱毛を受ける様子や施術方法などをご紹介します。

Vライン脱毛の多くは専用紙パンツをつけて行う

Vライン脱毛時のために、多くのクリニックやエステサロンで専用の紙パンツが用意されています。
紙パンツを履き、プールの授業で付けるようなタオルを身に着けた恰好で、施術箇所だけ少しずつ出しながら脱毛していきます。

紙パンツは普通のショーツ型やTバック型など形はさまざまですが、大事な部分はちゃんと隠してくれるので、見える心配はありません

施術時に履く紙パンツはこのような形のものです。

参照:http://www.premiumlight.jp/products/gathershorts/index.html

紐状になっている部分をスライドさせ、脱毛したい部分だけを露出しながら施術していきます。

紙パンツがないサロンもあるので要確認!

紙パンツがあると安心ですが、なかにはタオルを巻くだけや、Tバックを持参して施術をするサロンもあります。
その場合でも、スタッフさんが必要な箇所だけ少しづつタオルをずらしながら照射するので、全てをあらわにすることはありません。
サロンやクリニックに紙パンツがあるかどうかについて、以下に人気のサロンやクリニックの例を紹介します。

紙パンツあり:ミュゼプラチナム、キレイモ、銀座カラー、ディオーネ、ジェイエステなど、他多数店舗
紙パンツなし:湘南美容外科クリニック、脱毛ラボ など

施術を受けるサロンの服装については、施術前のカウンセリング時に確認しておきましょう。

Vラインは仰向けで足を閉じたまま施術

気になる施術のときの体勢ですが、Vラインの場合、仰向けの状態で寝たままで施術が受けられます。

IラインやOラインの場合はヒザを曲げたりうつぶせにならなければいけませんが、Vラインはデリケートゾーン周りの少しの範囲の脱毛になるので、脚はまっすぐに閉じたままで恥ずかしい部分を見られることなく脱毛が受けられます。

施術時は目隠しで見えないので気にならない

レーザー脱毛・光脱毛ともに、照射の際に強い光を発するので、施術するスタッフはもちろん、受ける側も目の保護のために専用のゴーグルやタオルで目隠しをします。

施術している様子は自分でほとんど見えないので、スタッフと視線が合って恥ずかしいということもありません。

Vライン脱毛施術はあっという間!

一日に何人もの施術を行う、クリニックやエステサロンのスタッフさんたちは、お客さんのVラインも見慣れているので、淡々と施術をしてくれます。
最初の施術は恥ずかしさや緊張があるものですが、2回目からは流れを把握し慣れてくるので、緊張や恥ずかしさは次第になくなります。

また、Vラインのみだと脱毛の範囲も狭いので、施術時間も10分程度の短時間で済みます。
Vライン脱毛は短時間終わり、次第に慣れてくるので、今までの「恥ずかしい」という悩みは取り越し苦労だった、と感じる人も珍しくありません。

実際の体験者の声とは!?みんなのVライン体験談を集めました

編集部では、実際にVライン脱毛をした女性にVライン脱毛についてのアンケートをとってみました。
そのなかでも、「施術中の恥ずかしさは慣れましたか?」という質問に対しては、9割が「はい」と回答しています。
残りの1割はスタッフの気遣いに照れてしまったり、毛量が多いことを気にして恥ずかしいという思いがあるようです。

しかしスタッフさんとしては脱毛が仕事なので、何よりも「キレイにしたい!」という思いが強いとのこと。
施術したお客さんがだんだん脱毛効果が出てキレイになっていくことが、やりがいにもつながるそうです。
むしろスタッフさんのなかには「こんな大切なところを任せていただきありがたいです!」という意見もありました。

普段じっと見られることもないデリケートゾーンの施術は当然恥ずかしいと思いますが、安心感を持ってお任せしましょう。

アンケート結果について、詳しくは「脱毛中は恥ずかしい?脱毛のきっかけは?Vライン脱毛みんなの口コミをチェック!
をご覧ください。

Vライン脱毛で肌も気持ちもスッキリ!

今までVラインの処理をしていなかったり人、Vラインの毛は気になるけれどなかなか脱毛に踏み切れなかった人、自己処理に失敗してきた人。

すべての人にオススメしたいのが、Vライン脱毛です。

Vライン脱毛に通って、夏の肌見せ対策もバッチリなツルツル肌を手に入れましょう!

無料カウンセリングに行く前に!Vライン脱毛でよくある疑問を解決!