Vライン脱毛ガイド > Vライン脱毛について > 予約日と生理が被っちゃった!Vライン脱毛はできる?できない?

予約日と生理が被っちゃった!Vライン脱毛はできる?できない?

CX_FV077

女性にとって憂鬱な時期となる、毎月の生理期間。
Vラインの脱毛の予約と被らないように注意していても、予定日通りに生理が来ないこともあります。

基本的には生理期間中は、Vラインの脱毛はできません。
そのため、予約日の近くで生理がきてしまったら、すぐにエステサロンに連絡をしましょう。
生理期間を過ぎた時期に、予約を取り直すことができる場合もあります。

施術前の体調確認をしているサロンでは、生理中ではないかの確認もされるので、正直に伝えましょう。

生理中にVライン脱毛NGの理由は「体がとても繊細だから」

あまり実感がないという女性もいますが、実は生理中はとても繊細な状態です。
そのため、普段よりも脱毛によるリスクが非常に高まります。

特にVラインを含めたデリケートゾーンは、性器も近いため、肌トラブルが起きた場合は専門医への受診が必須となります。

炎症が起きる可能性が高い

生理中は神経が過敏に働いてるため、脱毛の光で肌に熱を与えると、炎症を起こしやすくなっています。

皮膚に赤みが残りやすく、火傷のようになってしまうこともあります。

痛みを強く感じやすい

神経が過敏に働いているうえに、皮膚が薄くなっています。

そのため、脱毛時にいつも以上に痛みを感じやすくなっています。

Vラインは粘膜に近いため、もともと皮膚が薄いので、肌トラブルにつながる可能性もあります。

脱毛効果がない!?

ムダ毛の生えてくる周期に合わせて施術を積み重ねることで、毛を減らしていくのが脱毛の仕組みです。

毛の生えてくる周期は、ホルモンバランスが大きく影響します。

しかし、生理中はホルモンバランスが乱れやすいため、その時に施術をしても最大限の脱毛効果を引き出すことができません。

IラインとOラインも生理中は脱毛できない?

生理中のVライン脱毛はできません。
もちろん、IラインとOラインも脱毛できません。
また、生理前後3日間も肌が敏感なため、脱毛を断っているサロンもあります。

Vライン脱毛はタンポンしていてもダメ?

生理中の女性の体が敏感であること以外にも、生理中は経血でデリケートゾーンが汚れてしまって施術しづらいので断るサロンが多いです。

そこで…
「タンポンなら経血も流れ出ないし、サロン側にもバレないのでは?」
と考える人も中にはいるでしょう。

タンポンを使用してのVライン脱毛は様々なリスクがあるのでオススメできません。

まず、タンポンで経血を止めていてもニオイはしますし、何よりも施術を行う方に対してマナー違反ともいえます。

また、タンポンの紐をバレないように切ると抜けない危険も…!
さらに同じタンポンの長時間の使用は毒素性ショックの危険もあるため注意が必要です。

サロンでのVライン脱毛は生理が終わってからにしましょう。

生理中でもVライン以外は脱毛できるサロンもあります

しかし、だからと言って、脱毛自体が絶対にダメというわけではありません。

実は、エステサロンによって、VIOラインのデリケートゾーン以外なら、生理中でも脱毛が可能です。

ただそれも、「肌が敏感ではなく、体調が万全である」ことが条件になっています。
生理期間に体調を崩しがちだったり、肌の調子が悪くなることが多い人は、無理をせずに脱毛をお休みしましょう。

生理中、Vライン以外でも施術ができないサロン

生理期間中は、脱毛行為自体をお断りしているエステサロンです。
キャンセルの場合のキャンセル料など、ペナルティがあるかどうかをきちんと確認しましょう。

エタラビ

エタラビでは、「絶対にダメではないけれども、効果的な脱毛が出来ない」点と「痛みが大きくなる」点を挙げて、生理期間中の脱毛はお断りしています。

当日キャンセルでも、ペナルティはありません。

脱毛サロン・エターナルラビリンスについて

シースリー

シースリーでは、ホルモンバランスの崩れやすい時期の施術は一切できないという回答をしています。

シースリーは当日キャンセルになると、1回分が消化になってしまいます。
前日までにキャンセルの連絡を店舗にすれば、ペナルティはありません。

全身脱毛専門店・シースリーについて

キレイモ

施術は不可で、当日キャンセルとなると、1回分が消化扱いになってしまいます。
また月額プランは、予約日の変更が出来ません。
回数パックプランなら、前日までなら予約変更可能です。

冷たくないジェルが人気!kireimoのビキニライン脱毛

脱毛ラボ

脱毛ラボは、生理期間の前後3日間まで、施術できません。

当日キャンセルとなると、1回分消化に加えてキャンセル料も発生します。
ただし、予約の2日前までのキャンセルには、ペナルティはありません。

脱毛サロン・脱毛ラボについて

生理中、Vライン以外なら脱毛できるサロン

デリケートゾーン以外の箇所も脱毛しているのであれば、事前に連絡をしておけば、箇所の変更が出来る場合もあります。

箇所の変更には、予約状況や、施術時間にもよるので、その都度相談してみましょう。

ミュゼプラチナム

デリケートゾーン以外なら脱毛は可能ですが、事前に肌が敏感でないか、痛みがあったら中止したほうが良いことなどは確認されます。

キャンセルのペナルティはありません。

また、VIOの脱毛は改めて後日に施術してくれますので安心ですね。

脱毛サロン・ミュゼ・プラチナムについて

ジェイエステティック

肌が敏感な人や、体調が万全でなければ、なるべく避けることを推奨しつつ、デリケートゾーン以外の脱毛は問題ないとしています。

当日キャンセルは1回分消化扱いになります。
Vライン脱毛の予約日の3日前までにキャンセルをすれば、ペナルティはありません。

ジェイエステティックでの脱毛について

銀座カラー

デリケートゾーン以外の脱毛施術は可能です。

当日キャンセルの場合は、1回分消化になります。
前日の19時までにキャンセルの連絡を入れれば、ペナルティは発生しません。

脱毛サロン・脱毛ラボについて

生理になった際のキャンセル連絡は早めを心がけて!

予約時に生理と被らないように、生理周期を把握しておくことは基本です。

しかし余裕をもって予約をしても、周期通りにいかないこともあります。
女性は体調も変化しやすいので生理周期がズレないように日頃から生活習慣を整えることも大切です。

生理期間中はVラインの脱毛はできないので、被ってしまった時はお店に必ずキャンセルの連絡を入れましょう。
ペナルティがないお店でも、他の通っているお客さんへの気遣いを忘れず、マナーを守って、気持ちよく通いましょう!