Vライン脱毛ガイド > ビキニラインの脱毛 > 【Vラインってどこまで?】Vライン脱毛の範囲をサロン別に紹介

【Vラインってどこまで?】Vライン脱毛の範囲をサロン別に紹介

デリケートゾーンの脱毛が一般的になって、「VIO」という脱毛部位の呼び方もよく見聞きします。
しかし、実際に脱毛してみるとなると「VIO」だけでは具体的にどこなのかわかりませんよね。

水着や下着をムダ毛を気にせず着こなすために、Vラインはお手入れをしておきたい場所です。
Vラインはデリケートゾーン脱毛で、特に人気の部位です。
今回はそのVラインの具体的な範囲を説明します。

Vラインってどこ?Vラインの具体的な範囲

Vラインはいわゆるビキニラインのことで、足の付け根周辺から下着のショーツ周辺のムダ毛の生えている箇所を指します。
しかし、それはあくまでも目安の範囲です。

Vラインという言葉はファッションや美容業界の言葉で医学的な名称ではありません。
そのため、Vラインの範囲はエステサロンやクリニックごとにさまざまです。

Vラインの範囲の一番狭い定義は、「下着からはみ出る部分」

Vラインの範囲を最も狭く定義しているのは、下着や水着のショーツをはいた時に、足の付け根にかけてはみ出るムダ毛の脱毛になります。

Vラインというように、足を閉じたときにVの形になる腰骨の手前までの線上です。

Vラインの範囲の一番広い提議は、「下着の前面周辺すべて」

Vラインを広く脱毛する場合は、IラインとOラインを除く、前部分のアンダーヘア全てです。

下着で隠れる部分の全部が脱毛範囲になります。
その部分の毛はずべて処理することも好きな形に残すこともできます。

太ももやおなか近くは別部位になることも

最大のVラインの脱毛範囲をご紹介しましたが、あくまでサロンやクリニックで設定する範囲の目安です。

普段から小さめのデザインのショーツを身に着けている人はムダ毛の気になる部分が多くなります。
またはVラインの範囲が広く、下着の上、へその下に近い部分までムダ毛が生えている人もいます。

個人で希望するVライン脱毛の範囲と、脱毛サロンやクリニックで決められているVラインの脱毛範囲は違います。

脱毛用の紙パンツを基準にしたり、そこから数ミリの範囲と厳格に決めている店舗もあります。

お腹や足の付け根までの広い範囲のVラインの場合、脱毛部位が増えることになります。
例えば部位名で言うと「ヘソ下」や「ふともも付け根」「ビキニラインL」があります。

Iラインとの境目は、「下着の縫い目」を目安に

Vラインを広く脱毛できる場合、Iラインとの境目はどこにあたるのでしょうか。

Iラインは一般的に性器周りや粘膜に近い、足の間の部分になります。
Vラインとの境目は正面から見て、粘膜の割れ目が見えるあたりです。
もしくは、下着のショーツのクロッチの前側の縫い目です。

Iラインの終わりは肛門手前までです。
脱毛サロンやクリニックのOライン脱毛は肛門の半径2cm周辺までとなっているので、その範囲から外側となります。

サロン・クリニックのVライン脱毛の範囲

Vラインやデリケートゾーンの脱毛で人気のエステサロンやクリニックのVラインの範囲を調査しました。

【ミュゼ】専用Vラインテンプレートで確認

Vラインテンプレートとは透明のプラスチックシートにピンクのラインで脱毛範囲を示した、ミュゼプラチナムオリジナルの自己処理用ガイドです。

このシートを使って事前処理をすれば、Vラインはどの範囲まで脱毛するのかが分かります。

Vラインテンプレートは縦10cm、長い辺が10cmと短い辺が5cmの台形で、中心ラインが引かれています。
短い辺を下にして、中心を合わせてVラインにあてて、はみ出した部分を自己処理します。

ミュゼのVラインの脱毛範囲は広めで、テンプレートの縦10cmを扇状に広げたような範囲です。
足の付け根ラインはほとんど脱毛できます。
ただし、テンプレートで隠れる部分はVラインに含まれません。

脱毛範囲の説明はVラインテンプレートにも書いてあります。

【TBC】Vラインだけで4ヶ所分け

エステティックTBCではVラインは4ヶ所に分かれます。

小さいSパーツがVライン(上)とVラインSです。
Vライン(上)はVライン中心のトライアングル上部です。
VラインSはショーツの脇からはみ出る部分です。

LパーツがVラインの真ん中からiラインの境目までのトライアングルとVラインSよりも太もも部分がVラインLです。

姉妹店の脱毛専門サロンのエピレも同じ分けかたです。

【ディオーネ】デザイン重視で脱毛

痛くない脱毛で人気のあるディオーネではVラインはSパーツの2ヵ所に分かれます。
ビキニVライン上部とVラインの横の2ヵ所です。

ビキニVライン上部はVライン前面の中心部分です。
ムダ毛を全部なくすこともできますが、好きな形に整えたり全体の毛を薄くすることもできます。

【キレイモ】全身脱毛専門だから広範囲OK

キレイモは全身脱毛メニューのみです。
Vライン脱毛はこの全身脱毛メニューに入ります。

全身脱毛メニューでVラインの脱毛範囲はVライン(上)、Vライン全体とサイドの部分です。
境目なしで全身の脱毛をしたい人やVラインの範囲が広い人にはオススメですね。

【湘南美容外科】中心部分は避ける

湘南美容外科では医療レーザーでVライン脱毛ができます。
Vラインの範囲は腰骨のでっぱりから内側のショーツで隠れる部分から足の付け根までです。

湘南美容外科は威力の高いレーザーを扱っているため、安全のためにVラインの中心部分の縦8cm、横5cmの恥骨付近の範囲は照射はできません。

黒ずみや色素沈着の出来やすいVライン中心はレーザーに反応して強い痛みややけどを起こしてしまう心配があるためです。

制限はありますが、その範囲の外側までは自由な形を選べます。

【アリシアクリニック】太もも付け根の部位あり

アリシアクリニックは骨盤から下、Vラインの中心含むVラインサイドとVライン上部の2ヵ所で分かれます。

足の付け根付近だけでなくふとももまで広くVラインの毛が生えている人は、アリシアの「太もも一部」があります。
太もも一部はVラインサイドからすぐの15cm×8cmが範囲です。

アリシアも医療レーザー脱毛ですが湘南美容外科とは違う種類のレーザーのため、トライアングル下中心の粘膜ギリギリまで照射できます。

Vラインは希望の形で脱毛できる

Vライン脱毛の範囲が広く、中心まで脱毛できるエステサロンもあります。
だからといって、Vラインすべてをツルツルにしなければいけないわけではありません。

Vラインは自由な形で毛を残すことができます。

残す部分ツルツルにしたい部分を伝えておく

Vライン脱毛で大半の人がツルツルにするのは、ショーツからはみ出している部分です。
下着で見えない部分のVラインは好きな形にしたり、量を整える程度に脱毛することも可能です。

Vラインのムダ毛の形と量を調整するには、全て処理した状態で3回ほど繰り返し脱毛の施術を受けると毛質が細くなり、量も少し減ります。

形を決めるのに、残してもいい部分と必ずキレイに処理してしまいたい部分を伝えておくとスムーズです。

範囲に悩んだら事前カウンセリングで相談

自分でどんな形にするか迷ってしまう人は、着る予定のある下着や水着の形に合わせましょう。
または、パートナーに相談して参考にしてみることもひとつの手です。

また事前カウンセリングの時に担当者に脱毛できる範囲といっしょに脱毛しておくといい範囲について質問しておくといいですね。
脱毛サロンのスタッフはほとんどが脱毛経験者なので、普段聞けないVラインの形について詳しく教えてくれます。

スタンダードな逆三角形が一番自然で人気の形です。
水着などの目的や自分のなりたいイメージなどで自由に決めることができます。

Vラインは他にもさまざまな形があります。
詳しくはこちらをご覧ください。
【Vライン脱毛の形】人気デザイン&キレイな形を作るコツ紹介

どこまで脱毛したいか決めてサロン選びを

Vライン脱毛は範囲の規定がサロンやクリニックで差があります。

そもそもVラインの毛が生える範囲は人それぞれです。
自分がVラインをどの範囲まで脱毛したいかを決めておきましょう。
カウンセリング時に希望をはっきり伝えることで、どこが自分に合うサロンなのかもわかりやすくなります。

あなたの希望に沿ったメニューがあるところで、納得できるVライン脱毛を始めましょう。