Vライン脱毛ガイド > Vラインの自己処理 > デリケートなVラインを脱毛クリームで処理!オススメはコレ!

デリケートなVラインを脱毛クリームで処理!オススメはコレ!

Vラインはどのようにお手入れしていますか。

脱毛はエステやクリニックは通ったり費用も掛かりますよね。
そのため、時間をかけずに手軽にできる「脱毛クリーム」での処理を考えている人もいるのではないでしょうか。

ただ、Vラインはデリケートな部位。
そもそもVラインに脱毛クリームを使ってもいいのでしょうか。

今回は、Vラインでも安心して使える脱毛クリームに関して説明していきます。
参考にしてみてください。

脱毛クリームの効果

脱毛クリームと除毛クリームは、名称の違いはあるものの同じ仕組みのものです。
効果は同じなので、一緒と考えていいでしょう。

両方とも、ムダ毛部分の皮膚に薬剤を塗布し、数分待って毛が溶けるのを待ちます。
つまり、薬剤によって「皮膚よりも上のムダ毛を取り除くもの」です。

見た目はツルツルに仕上がりますが、皮膚よりも下の部分には作用していません。
毛根も残ったままなので、時間が経てばまたムダ毛が生えてきます。

脱毛クリームのメリット

脱毛クリームのメリットは、なんといっても仕上がりがキレイなところです。
毛を溶かしてしまうので、しっかりと毛が取り除かれてツルツルになります。
カミソリで剃ったときのように、残った毛のザラザラ感もありません。

また、クリームを塗ってしまえば、あとは時間を待って取り除くだけです。
カミソリのように、刃の向きを間違えて肌を切ってしまったり、毛抜きのような痛みもありません。
自己処理としては、かなり安全で手軽な方法といえます。

ほかの自己処理に比べて、ムダ毛処理の頻度も少なくて済むというメリットもあります。

脱毛クリームのデメリット

毛根がなくなるわけではないので、またムダ毛が生えてきます。
定期的なムダ毛処理が必要になり、クリームを購入するためのお金がかかります。

また、脱毛クリームは毛を溶かすアルカリ性の薬剤です。
刺激のある薬剤を直接肌に塗るわけですので、肌荒れの危険性があります。
とくに顔やデリケートゾーンのような、刺激に弱い場所へは使用できない商品がほとんどです。

もちろん、安全性は確認されたうえで販売されているわけですが、Vラインにも使用できるクリームは少ないのが現状です。
注意書きを無視して、肌トラブルを招かないようにしなくてはいけません。

こんな人は注意して

脱毛クリームは薬剤なので、使用するうえでの大切な注意があります。
取り返しがつかないことにならないように、しっかりと把握しておきましょう。

脱毛したい箇所に傷がある

アルカリ性の薬剤を肌に塗るわけですから、そこに傷があっては大変です。
傷が悪化してしまう可能性があるので、傷が治るまで塗布しないでください。

肌が敏感・弱い人

脱毛クリームの使用後は、肌がツルツルになってはいますが、薬剤による刺激を受けています。
アトピー性皮膚炎を患っている人や、敏感肌の人は、肌がその刺激に耐えられない可能性があります。

パッチテストをしてみて、肌が赤くなったり、ヒリヒリする人は使用を避けてください。

また、普通肌の人でも脱毛後の肌は敏感になっています。
日焼け止めや、アルコールを含んだ化粧水などで肌が荒れる可能性もあります。
普段そういったものを使用している人は、脱毛後しばらくは使用しないでおきましょう。

エステやクリニックで脱毛中の人

脱毛クリームは、剃刀での自己処理と同様に、皮膚から上のムダ毛を処理するものです。
だから基本的には、サロンなどでの脱毛中も禁止にしていないところが多いようです。

しかし最近では、肌内部まで浸透させて、毛根から脱毛ができるクリームも販売されています。
多くの脱毛サロンやクリニックでは、毛根にアプローチをかける脱毛機械を使っています。
つまり毛根がなくなっていると、脱毛処理ができなくなってしまうということです。

サロンやクリニックによって対応も違ってくるので、脱毛クリームを使う前に確認しておきましょう。

デリケートゾーンに脱毛クリームは使える?

脱毛クリームは、強い薬品でできています。
そのために、肌がデリケートになっている部分への使用はおすすめできません。

実際に、市販の脱毛クリームには「デリケートな箇所へは使用しないでください」といった注意書きがされているものがほとんどです。

脱毛クリームにはこんな危険性が…!

とはいえ、脱毛クリームでVラインを脱毛したい!と強引に使用すれば、とんでもない肌トラブルを起こす危険性があります。

脱毛クリームには、「チオグリコール酸カルシウム」や「アルカリ剤」といった成分が配合されています。
この成分で、毛の主成分である「ケラチン」(タンパク質)を溶かしていくわけです。
しかし皮膚もタンパク質でできているので、肌への刺激も相当大きく、肌トラブルのリスクも大きいのです。

肌荒れ

強い薬剤などで炎症を起こすことを、化学熱傷と呼びます。
脱毛クリームでも、こういった化学熱傷を起こす可能性があります。

化学熱傷まで行かなくても、赤いブツブツができたり、かぶれたりといった肌荒れを起こす可能性もあります。
炎症を起こしたり、かぶれがひどくなったら、必ず医療機関を受診しましょう。

痛み

美容院などで、ブリーチ剤をつけたまま放置していると、徐々にヒリヒリしてくる…。
そういった症状が、脱毛クリームでも起こる可能性があります。

痛みを我慢したまま放置を続けると、炎症に発展していきます。
痛みを感じたら、すぐに使用を中断するようにしましょう。

Vラインにも使用可能な脱毛クリームはないの?

脱毛クリームは、自分できれいにムダ毛の処理ができます。
Vラインにも使ってみたい!と思う人も多いはずですよね。

基本的にはVラインに使えない脱毛クリームですが、製品によっては使えるものもあります。

Vラインにも使える脱毛クリームはコレ

まず、Vラインに使用する場合は、敏感肌向けである必要があります。
ほかにも、使用後の肌荒れを防ぐために、保湿成分や美容成分も配合されているものでなければいけません。

こういった条件に当てはまり、Vラインにも使用できる商品をご紹介します。

【1】プレミアムリムーバーミルク

男性でも使用できると、人気のプレミアムリムーバーミルク。
実際にネットで口コミを調べてみると、男性のムダ毛でもしっかりと除毛できているようです。

脱毛クリームは、濃い毛に反応しにくいという難点があります。
男性の濃い毛にもしっかりと反応するなら、デリケートゾーンのムダ毛にも期待できますね。

ムダ毛がごっそりと取れる力がある代わりに、ほかの2商品よりも刺激が強いというリスクがあります。
人によっては、ヒリヒリと感じる場合もあるようです。

肌を保湿するための成分はしっかりと配合されています。
「アロエエキス」「大豆エキス」「カッコンエキス」「サクラ葉エキス」が脱毛後の肌を守ってくれます。

【2】エピサラ

どこの美容関係サイトでも、口コミで高評価のエピサラ。
モデルさんにも愛用者がいるくらい、使用後の肌にもおスミ付きの脱毛クリームです。

美容成分もたっぷりで、肌がしっとりと保湿されます。
さらに注目したいのは、肌のキープ力!
脱毛後、1週間経ってもツルスベ肌が続いている人が多いようです。

【3】パイナップル除毛クリーム

脱毛後の肌の仕上がりにこだわった除毛クリームです。

肌にやさしく、すっきりとムダ毛の処理ができる商品。
口コミでは、「使用後の肌がワントーン明るくなった」「使用前より肌がきれいになった」との評価も多いです。

そんな中、@コスメでは「毛が残る!」という辛口の感想も目立ちました。
しかしそれは、使用方法が間違っている可能性もあります。
除毛クリームは、たっぷりの量を肌に乗せないと除毛効果が得られないからです。

保湿成分は、「オウゴンエキス」「カミツレ花エキス」といったハーブエキスを7種類も配合。
使用後の肌を、ツルスベ美肌にしてくれます。

商品名 プレミアムリムーバーミルク エピサラ パイナップル除毛クリーム
1回分の価格
(1週間に1度を目安に)
643円 596円 561円
敏感肌にも使えるか
毛根から取れるか × ×
国産か
返金保証 商品欠陥のみ対応 商品欠陥のみ対応 30日間

いちばんおすすめはエピサラ

3つの商品をご紹介しましたが、総合的にみて一番おすすめしたいのはエピサラです。

1回分が約600円

脱毛クリームは、継続的にお金がかかるものです。
そこで、なんといってもエピサラをオススメしたいポイントはコスパの良さ!

エピサラは、初回1本2,980円で購入できます。
1本を1ヵ月で換算すれば、1週間に1回の処理で、1回あたり約600円。
しかし、エピサラはムダ毛のない肌のキープ力が長いのです。

個人差もありますが、1週間に1度使う必要がない人がほとんどということです。
すると、ほかの商品よりもかなりコスパがいいことになります。

さらにエピサラは、3本セットで購入すると1本2,086円。
もっともっとコスパを良くできるんです。

敏感肌にも嬉しい豊富な美容成分配合

エピサラには、肌をケアする植物エキスがたっぷりと10種類も配合されています。
さらにその成分が、脱毛と同時に毛穴まで浸透していきます。
脱毛後の肌は、プルプルに保湿された肌になっているんです。

純度の高い天然抽出製法のエキスなので、敏感肌でも安心して使えます。

毛根からごっそり取れる

エピサラの有効成分は、毛根のシスチン結合を解く力があります。
これによって、ムダ毛が毛根からスルンと抜ける仕組みになっています。

肌の表面だけでなく、毛根から抜けてくれるので、次のムダ毛が顔を出すまでの時間も長いんです。

ドラッグストアでも脱毛クリームは購入できますが…

ドラッグストアでも、脱毛クリームはたくさん並んでいます。
市販の脱毛クリームは価格も安く、手軽に購入しやすいメリットがあります。

しかし、市販の製品は脱毛効果重視になっています。
薬剤の成分が強めで、保湿成分は少ないので、肌をあまりいたわれません。
「敏感肌用」となっていても肌が荒れる可能性があるので、パッチテストは必須です。

また、毛根から抜けるものはなく、皮膚から上のムダ毛のみ除毛されます。

市販の脱毛クリームを使う場合は、こういった点を念頭に入れて購入してください。
Vラインにも使える、市販の敏感肌用脱毛クリームはこちらになります。

veet 除毛クリーム 敏感肌用

veetは除毛効果も高く、有名な除毛クリームです。
ただし、フランスのメーカー製なので、日本人の肌質には合わない場合も多いようです。

敏感肌用で、ビキニラインへの使用も可能となっていますが、必ずパッチテストをしてください。

日本生まれで安心!エピラット敏感肌シリーズ

エピラットは、クラシエから発売されている除毛クリームです。
日本製なので、日本人の肌質にも合いやすいので安心です。

ドームヘッドのタイプもあり、使いやすいように工夫されています。

デリケートな部分だからこそ肌の負担は最小限に!

せっかく脱毛しても肌が荒れてしまっては、かわいい水着も下着も台無しになってしまいます。
海やプールを思いっきり楽しむためにも、Vラインはきれいにしておきたいですよね。

きれいなVラインをキープするには、肌に負担をかけない脱毛クリーム選びが大切です!