Vライン脱毛ガイド > ビキニラインの脱毛 > 【Vライン脱毛の施術前】事前処理とシェービングの仕方まとめ

【Vライン脱毛の施術前】事前処理とシェービングの仕方まとめ

下着や水着からVラインのムダ毛が出ていてはせっかくのムードや思い出も台無しですよね。

毛抜きやカミソリでVラインをお手入れしている方も多いと思います。
しかし、すぐに生えてきてしまい、仕上がりもキレイではありませんよね。

そこでオススメなのが、プロによるキレイな仕上がりが人気のエステやクリニックのVライン脱毛。
Vライン脱毛の施術前には、事前にシェービングなどの準備が必要です。

事前処理についての疑問や経験談を元に、用意するものや詳しい方法、施術のいつまでに剃ればいいかなどを調査しました。

なぜ事前処理をするのか?

そもそも、なぜVライン脱毛を行うのに、事前処理をする必要があるのでしょうか?
サロンやクリニックで脱毛するのに、自己処理をお願いされるのは不思議に思いますよね。

実は、自己処理をお願いされるのには、2つの理由があるのです。
その理由を見ていきましょう。

①ヤケドのリスクを減らすため

Vライン脱毛は、特殊な光やレーザーを直接毛根に当てて破壊する事で、脱毛します。
この光やレーザーは、毛の黒いメラニン色素だけに反応するようになっているのです。
そのため、事前処理であらかじめ毛をシェービングしておく事で、短い毛とその毛穴にある毛根のみにダメージを与えやすくなります。

しかし、事前処理をせずにVライン施術をしてしまうと、光やレーザーを毛根に当てる時に、長い毛に反応して分散されやすくなります。
すると、しっかりと毛根に光やレーザーを当てる事が難しくなるので、出力を上げる事になります。
パワーが強くなると、長い毛を伝って毛根がない皮膚にまで強い光やレーザーが伝わり、やけどなどのトラブルにつながります。

実は、皮膚の中には、毛根がない所にもわずかなメラニン色素が存在します。
出力を上げる事で、皮膚の下のメラニン色素にまで反応してしまうのですね。
ヤケドや痛みなどの肌トラブルの元になってしまうので、リスクを避けるために事前処理をお願いされる所が多いのです。

②施術時間を減らすため

Vライン脱毛は、とても人気があります。
特に低価格でVライン脱毛が出来るサロンやクリニックは、短時間で効率よく、たくさんのお客様の施術をしなければ売り上げになりません。

そこに、事前処理をしていない方が来店されると、その方のアンダーヘアを短く処理する必要があり、その分時間をとる事になるのです。

1人1人の施術時間を短縮するために、事前処理がお願いされるのですね。

※サロンによっては、有料で事前処理をしてくれる所もあります。
事前処理が面倒な方や肌がデリケートな方は、プロに任せてみるのも良いでしょう。

事前処理が不要な所もある

ほとんどの機関でVライン脱毛の事前処理が、必要とされていますが、クリニックでは事前処理が必要ない所も。
また、有料でシェービングサービスを行っているサロンもあります。

事前にそのサロンやクリニックなどに確認するのが、ベストですね。

事前処理というのは何をすればいいのか?

Vライン脱毛の施術前に行う事前処理は、具体的にどうしたら良いのでしょうか。
施術を受けるサロンやクリニックによっても様々ですが、大体はシェービングをお願いされる事が多いようです。

各機関で事前に説明はされますが、ご自分で行うシェービングの仕方やアフターケアなどを詳しくご紹介しましょう。

シェービングの方法

Vラインのシェービングは、IやOに比べて自分の目で見やすいため、比較的処理しやすい部分です。
しかし、間違った処理の仕方は肌トラブルの元!

そこで、シェービング時にあると便利なものやオススメの姿勢、手順やポイントなどもまとめてみました。

用意するもの

自分で事前処理する時に、必要となるものをまとめました。
ミュゼプラチナムなどは、ガイドになるプレートなどを配布してくれるので、そちらも使って下さいね。

手鏡

脱毛箇所のシェービングがより見えやすいように、角度が付くものだとベストです。

全身が映る大きな鏡

全体からみた左右のバランスを見るためにあると便利です。

眉ハサミ

肌を傷つけないように先が丸くなっているタイプが良いでしょう。

電気シェーバー

顔用のIタイプのものがおすすめです。
カミソリでも良いですが、電気シェーバーの方がカミソリ負けなどのトラブルが少なくて良いですよ。

施術時の姿勢

自分が楽な姿勢で行う事が大切ですが、オススメは床に座った状態で手鏡を前に置き、片側ずつ足を外側に倒して行う姿勢です。
正面からVラインが見やすいため、左右対象に処理しやすいですよ。

シェービングの手順

いよいよ施術箇所のシェービングです。
ポイントを押さえる事で、失敗なくキレイに自己処理する事が出来ます。

1.長い毛を眉ハサミでカットする

シェーバーで剃りやすくするために、Vライン施術箇所にある長い毛を眉ハサミで短めにカットしていきます。
目安は大体1〜2cm位にしましょう。

2.電気シェーバーでシェービング

カットした短い毛をシェービングしていきます。
剃り方は、毛の流れに沿って歯を動かして下さいね。

毛の流れに逆らってしまうと、いくら安全な電気シェーバーとはいえ、肌を傷つける恐れがあるので、気をつけましょう。

3.アフターケア

シェービング後の肌がとても敏感。
特にデリケートゾーンは、特に肌が弱い部分です。

そのため、肌が元々弱い方などは、処理後に何もしないとパンツなどと部位が擦れて、かゆみを起こしてしまう恐れもあるのです。

照射予定の肌に肌トラブルがあると施術が出来ない可能性も出てきます。
乳液やクリームなどで、必ず保湿をしましょう。

シェービングで気をつける事

ここで、いくつかのポイントに気をつける事で、失敗しにくく、キレイにシェービングできます。
是非、頭に入れておいて下さいね。

入浴中ではなくお風呂上がりがベスト!

ついついムダ毛処理って、お風呂に入ったついでに行ってしまいがちですよね。
しかし、お風呂でのムダ毛処理は、NGなのです。

実は、お風呂は、雑菌や細菌がたくさんいる場所なのです。
お風呂で温まっている肌は水分を含んでいるため、とてもデリケート。
Vラインのあるデリケートゾーンなら、なおさらですよね。

万が一、シェービング時にハサミやシェーバーで肌を傷つけた時に、雑菌が侵入してしまうと肌トラブルを起こしてしまうのです。

また、乾いている肌にシェービングを行うのもオススメしません。
刃の滑りが悪くなったり、毛質が固いままなので、スムーズに処理しにくく、ケガをしてしまう恐れも!

そこで、Vラインのシェービングをするなら、「お風は呂上がり10分後」が効果的!
毛の質も柔らかく、肌の水分量もある程度落ち着いているので、処理しやすいんですよ。

シェービング時は皮膚を引っ張る

上手くムダ毛を剃るアドバイスとして、シェービングする時に、皮膚を少し引っ張り「ピーンと張らせた状態」で行う事が大切です。

デリケートゾーンの皮膚は、他の部位よりとても柔らかくふにゃふにゃしていますよね。
ふやけた皮膚にシェーバーをあてると、皮膚を深く傷つけ、ケガの原因になります。
必ず、皮膚を張った状態で、シェーバーをあてて下さいね。

事前処理の気になる疑問あれこれ

次に、事前処理をする時に出てくる疑問をいくつかご紹介します。
是非、役立てて下さい。

Vライン脱毛の何日前に処理すべき?

遅くても前日までに処理しておくのがオススメ。
脱毛当日に処理してしまうと、Vラインは特に赤みなどが出やすく、施術を断られてしまう事があるのです。

また、特にお肌が弱い方も同様です。
心配であれば、3日前までには処理しておくと良いですね。

どこまで剃るべき?

ミュゼなどでは、ガイドとなるプレートが配布されるため、そちらを参考にしましょう。
Vラインにプレートを当てたら、周りの余分な毛を処理していきます。

では、特にガイドとなるものが配布されていない場合は、どこまで処理すれば良いのか心配になりますよね。
この場合、自分の脱毛したい照射部分まで剃ってきて下さいと言われる所と施術可能な範囲が決められているサロンがあるようです。

どこまで剃れば良いのかという事は、サロンによって違うので、しっかりと聞いておきましょう。

もし剃り残しがあった場合は?

ついつい出てきてしまう剃り残し。
キレイモなどは、無料で処理してくれるようです。

また、銀座カラーなどは剃り残しがあると、脱毛が出来なかったり、湘南美容外科などは、剃り残しがあると、処理してもらうため別料金を払う事になります。
サロンやクリニックによって全く違うので、注意が必要ですね。

先程も触れた事前処理が不要な所は、全てプランに含まれている場合も。
その分割高になりますが、面倒な方は良いかもしれません。

剃り残しへの対応は、サロンやクリニック毎で全く違うので、事前に確認して自分のお好みで選んで下さいね。

形はどうするべき?

実は、Vラインのカタチは自由に変えられます。
種類もたくさんあり、逆三角形の自然な形や指1本分残したり、ハート、パイパンなど様々。

自分の好きなデザインを選びましょう。
ちなみに1番人気は、自然な逆三角形だとか。

参考:【Vライン脱毛の形】人気デザイン&キレイな形を作るコツ紹介

処理した後のケアはどうする?

先程も触れましたが、処理後の肌はとてもデリケートなので、保湿をする事を心がけて下さい。
オススメなのは、デリケートゾーン専用の保湿化粧品や無添加の保湿化粧品を使う事です。

デリケートゾーン専用に作られているものや無添加のものは、処方が肌に優しいので、敏感肌の方でも安心して使えますよ。

ポイントをしっかり押さえて事前処理を!

Vライン脱毛を受けるサロンやクリニックによって、事前処理の有無、範囲や剃り残し、シェービングサービスなども全く違うので、カウンセリング時に質問してみましょう。
さらに、事前処理で分からない事が出てきたら、スタッフに相談する事も大切です。

いざ自分でVラインの事前処理をする事になったら、ご紹介したポイントをしっかりと押さえて行って下さいね。
処理後は、アフターケアも忘れずに!

Vライン脱毛の施術がキレイに行えるように、事前処理を正しく行い、いつ下着姿やビキニ姿を見られても安心なツルツルのVラインを手に入れましょう!