Vライン脱毛ガイド > Vライン脱毛ができるサロン・クリニック > VIO脱毛におすすめの医療クリニック3選!

VIO脱毛におすすめの医療クリニック3選!

VIO脱毛には、エステの光脱毛とクリニックなどの医療脱毛があります。

価格も大事だけれど、高い効果や安全性が大切です。
高い費用を払っても、効果を実感できないと意味がありませんよね。

VIOは、他の部位に比べ効果があらわれにくいため、医療レーザーで脱毛するのがおすすめです。

ここでは、VIO脱毛におすすめのクリニックを紹介します。
さらに、なぜ医療脱毛がよいのかや医療脱毛のメリット、デメリットも紹介するので、参考にしてみてください。

リゼクリニック

リゼクリニックは、提携院も含めて、全国に18店舗あるクリニックです。
また、脱毛の症例数14万件をこえる脱毛のスペシャリスト」たちがいます。

脱毛のスペシャリストたちが、ひとりひとりに合った脱毛プランを考えてくれるので、初めてクリニックで脱毛するかたにおすすめです。

さらに、シェービングサービスや当日キャンセルも0円なので、ムダ毛がきれいに処理できなくてもスタッフがシェービングしてくれます。

また、追加料金も一切かかりません。

ここでは、リゼクリニックの価格や特徴などを紹介します。

リゼクリニックのプラン

リゼクリニックは、おすすめプラン定額プランがあります。
それぞれ有効期間があるので、ホームページをチェックするとよいでしょう。

プラン内容(5回コース)

全身脱毛プラン 腕全体セットプラン
全身+VIOプラン VIOセットプラン
全身+顔プラン 顔全体セットプラン
全身+VIO+顔プラン 足全体セットプラン
ワキ脱毛プラン 手足セットプラン

 

リゼクリニックの特徴

リゼクリニックは、患者さんの不安を取り除き、安心して施術ができるようにカウンセリングに力を入れています。

また「痛み」が、不安という方もいるのではないでしょうか。
リゼクリニックでは、痛みに対する不安を取り除くために、取り組みをしているのでくわしく紹介します。

医師と女性スタッフによるダブルカウンセリング

リゼクリニックでは、医師によるカウンセリング女性スタッフによるカウンセリングをします。

脱毛は医療行為なので、毛周期や脱毛のメカニズム、脱毛のリスクまで医師から説明をし脱毛に対する不安を解消してくれるのです。

さらに、女性スタッフによるカウンセリングでは、医師に聞きにくいことや支払い方法、料金についても相談できます。

また、脱毛カウンセリングは無料ででき、時間制限を設けていません。
そのため、悩みや疑問をじっくり相談できるのも、リゼクリニックが人気の理由ではないでしょうか。

「痛み」を軽減するたみの工夫

医療レーザー脱毛は痛みを伴います。
ですが、リゼクリニックでは痛みを軽減するためにさまざまな取り組みをしているのです。

【1】ラクだと思う方法で施術をする

広い範囲の照射には、痛みを軽減するために脱毛機を使います。
しかし、デリケートな部分などは多少の痛みが発生してしまうのです。

そこで、リゼクリニックでは「スピーディーに照射してほしい」「ゆっくり照射してほしい」など要望にそって施術をしてくれます。

【2】ひとりひとりの情報を丁寧に共有している

ひとりひとりの痛みに関する情報は、すべてカルテに記載しており、前回とは違う施術者が担当でもスムーズに照射できるので安心です。

【3】コミュニケーションを大切にしている

施術中は、会話をしたり様子をみながら、痛みの感じ方を把握、照射のさいに声掛けを心掛けているようです。

【4】徹底したクーリング

リゼクリニックでは、施術前と後、施術中にも希望に応じてクーリングをしています。
クーリングをすることで、炎症を抑え、照射のさいの痛みを抑える効果があるようです。

【5】痛みに弱いかたには麻酔

リゼクリニックは、患者さんの肌質や毛質に合わせて3種類の医療レーザー脱毛器を用意しています。

また、デリケートゾーンなどの痛みが強い部位には、麻酔を使う場合もあります。
痛みが不安というかたも安心できるクリニックです。

参照:美容皮膚科 リゼ

酒井形成外科

酒井形成外科は、VIO脱毛などの技術に定評のあるクリニックです。

また、はじめて医療脱毛をするかたのお試しプランやセット価格で1回分が無料、友達紹介キャンペーンなど用意されているのです。

医療レーザー脱毛のお得なプラン

お試しプランやセットプラン、友達紹介キャンペーンなど紹介します。

お試しプラン

お試しプランは、初めて医療レーザー脱毛をするかたにおすすめです。

脱毛する部位 お試し価格
女性V・Iライン(下着よりはみ出した部分、横幅5㎝以内) 15,000円(税抜き) ⇒ 7,500円(税抜き)
女性V・Iライン(下着よりはみ出した部分、横幅5㎝以内)+Vライン上部 16,000円(税抜き) ⇒ 8,000円(税抜き)

※2回目以降の金額は、変わります。

6回セットプラン

6回セットプランは、5回分の価格で6回の医療レーザー脱毛ができるプランです。

 

脱毛する部位 価格(6回セット価格は、1回分お得)
女性V・Iライン(下着よりはみ出した部分、横幅5㎝以内) 1回照射の価格15,000円(税抜き) ⇒ 6回セット価格75,000円(税抜き)
女性V・Iライン(下着よりはみ出した部分、横幅5㎝以内)+Vライン上部 1回照射の価格16,000円(税抜き) ⇒ 6回セット価格80,000円(税抜き)

 

友達紹介キャンペーン

友達紹介キャンペーンは、紹介者とその友達が医療レーザー脱毛を15%OFFで、できるキャンペーンです。

とてもお得なキャンペーンなので、友達と行くのもよいでしょう。

シャワーとスキンケアウェットティッシュが利用できる

酒井形成外科では、VIO脱毛の医療レーザーをするかた限定で、シャワールームを利用できます。

また、シャワーのほかにもスキンケアウェットティッシュが用意されているようです。
医療レーザー脱毛の前に、気になる分部に使うとよいでしょう。

シャワーで清潔にしてからなら、気持ちよく施術を受けられます。

参照:酒井形成外科

SBC 湘南美容外科

医療脱毛で有名なのが、湘南美容外科です。
湘南美容外科は、全国展開しているので、どこに住んでいても通いやすいというメリットがあります。

さらに、無料カウンセリングやテスト照射もしているのでレーザー脱毛に不安があるかたは、テスト照射をするとよいでしょう。

また、湘南美容外科は低価格で、施術ができるだけではなく「乗り換えキャンペーン」もあるのです。

VIO脱毛の回数と価格

VIO脱毛の回数と価格を紹介します。

ハイジニーナVIO(1回コース) 14,580円(税込)
ハイジニーナVIO(3回コース) 38,880円(税込)
ハイジニーナVIO(6回コース) 60,750円(税込)
ハイジニーナVIO(9回コース) 82,620円(税込)

このほかにも、Vラインだけのコースもあります。

乗り換えキャンペーンとは?

乗り換えキャンペーンとは、エステ脱毛から医療脱毛へ乗り換えたいかたに、おすすめのキャンペーンです。

初回のみ低価格で、希望の部位を1箇所お試しで脱毛できます。
VIO(いずれか1箇所)は、3,980円(税込)で脱毛ができるのです。

参照:SBC湘南美容外科

VIO脱毛するなら医療レーザー

美容外科や美容皮膚科などの、クリニックで行う脱毛は「医療レーザー脱毛」という医療行為です。

そのため、レーザー処理は国家資格をもった、医師や看護師が施術します。

国家資格をもった医師や看護師が施術するので、VIO脱毛や初めて脱毛するかたは、安心できるのではないでしょうか。

また、医療脱毛は少し前まで高いイメージでした。
しかし、最近では低価格で脱毛できるクリニックも増えてきています。

クリニックによっては、お得なコースも用意されているので、試してみるとよいのではないでしょうか。

医療レーザー脱毛のメリットとデメリット

医療レーザー脱毛は、低価格で効果が高いので人気ですが、メリットとデメリットもあります。

ここでは、メリットとデメリットを紹介するので、参考にしてみてください。

メリット

医療レーザー脱毛のメリットは、施術回数が少なく1回の効果が高いことです。

脱毛サロンやエステサロンなどでは、光脱毛を導入しています。
光脱毛とは、黒いもの(メラニン)に反応する光を脱毛したい部位に照射し、毛根を弱らせていくのです。

医療レーザー脱毛も、仕組みは同じです。
ですが、クリニックのレーザー脱毛は出力が高く、薄い毛にも反応しやすいため、1回の照射で高い効果が期待できます。

そのため、サロンでの脱毛経験者が、医療レーザー脱毛に乗り換えたという体験談も多いようです。

デメリット

医療レーザー脱毛のデメリットは「痛み」です。
また、出力の強いレーザーを肌に当てるため、肌への影響がでる場合もあります。

痛み

医療レーザー脱毛は、エステの光脱毛よりも痛みが強いです。
またVIOは、毛が太く痛みがより強くなります。

照射するときの「バチッ」という大きい音がでるので、感覚的にも痛みを感じるのかもしれません。

しかし、一方で「痛みは余裕だった」と答える人もいます。
痛みの程度は、個人差も大きいですが、光脱毛よりも痛いと思っていたほうがよいでしょう。

ただし、クリニックは医療機関なので、麻酔の使用ができます。
痛みに弱い人は、麻酔で痛みを軽減できるので安心です。

肌への影響

医療レーザー脱毛による、肌への影響もいくつかあります。

炎症性浮腫 レーザー脱毛のあとに、起きる皮膚の炎症反応
毛嚢炎(もうのうえん) 肌のバリア機能が弱り、細菌が入ってしまうことにより起こる
硬毛化・増毛化 毛が濃くなったり硬くなる、増えたりする現象。産毛などもともと毛が薄い部位で起こるリスクが高い
打ちもれ(当てもれ) レーザーの設計上、打ち漏れが出てしまう場合がある
火傷 Vラインの毛は他の部位に比べて硬く、レーザーの出力を上げる必要あり。施術時に出力を上げすぎたり、メラニン色素に強く反応して火傷を起こすこともある

医療レーザー脱毛のVIO脱毛は、熱量も強くなり、高い確率で炎症性浮腫を起こすようです。

しかし、すぐに収まるので、慌てずに状態をみましょう。
2~3日たっても収まらなければ、クリニックに相談するとよいです。

そもそも皮膚科や美容外科は、肌トラブルに関しての専門医といえます。

肌トラブルが起きたとしても、最善の解決策をとってくれるので安心してください。
肌状態を判断したうえで、出力を弱めたり、適切なケアを施してくれます。

また、打ちもれ(当てもれ)をしてしまう場合があります。
そういった場合は、もう一度レーザー照射をしてもらえるようです。

肌トラブルの注意点として、クリニックが信頼できるからと安心せずに、自己責任の範囲は守りましょう。

たとえば「施術当日は風呂はNG」といわれたら、それを守るなども肌トラブル回避につながります。

VIOこそ効果の高い医療レーザー脱毛

せっかく脱毛したのに、またムダ毛が出てきてサロンに行くのは、時間も取られるしお金もかかるので数回で終わらせたいですよね。

医療レーザー脱毛は、少ない回数できれいに脱毛できるのでおすすめです。
また、脱毛後も快適に過ごせるように、医療レーザーで脱毛してしまいましょう。