Vライン脱毛ガイド > Vライン脱毛ができるサロン・クリニック > Vライン脱毛は今予約がお得!ミュゼのキャンペーンを賢く利用!

Vライン脱毛は今予約がお得!ミュゼのキャンペーンを賢く利用!

Vライン脱毛するなら絶対おすすめ!脱毛サロンランキング

サロン キャンペーン
300円で【両ワキ&Vライン通い放題】+【2か所脱毛】プレゼント
詳細はコチラ
敏感肌・ニキビ肌OK!VIO脱毛体験 5,400円
詳細はコチラ
全身脱毛、初回0円
詳細はコチラ
>>どうしてミュゼが1位?他サロンとの比較はこちら

Vラインの脱毛をしたいなら、ミュゼプラチナムがオススメです。

Vラインはデリケートな部分なので、なかなか脱毛に踏み切れない人が多くいますが、ミュゼならお得なキャンペーンが豊富で、Vライン脱毛初心者の方でも安心して通えます。

今回は料金が安く、施術も安心して受けられるミュゼのVライン脱毛について紹介します。

キャンペーンを利用して、ミュゼで美しいVラインを手に入れましょう!

破格のVライン脱毛!ミュゼのキャンペーン

ミュゼでは、毎月信じられないくらい安い脱毛キャンペーンを実施しています。

今月のキャンペーンでは、両ワキとVラインが脱毛し放題の「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」+ほかの部位2カ所1回分がなんと300円に!

このキャンペーンは、初回限定WEB予約のみ適用になります。
今月限定のキャンペーンなので、気になる方はいち早く公式サイトをチェックしてください。

≫ミュゼの公式サイト≪

 

キャンペーンでVラインと両ワキ脱毛し放題に加えて選べるほかの部位とは、以下の20カ所です。

Lパーツ 両ひじ(上)、両ひじ(下)、両ひざ(上)、両ひざ(下)、胸、お腹、背中(上)、背中(下)、ヒップ
Sパーツ 襟足、乳首の周り、腰、へそ周り、トライアングル(上)、トライアングル(下)、Iライン、Oライン、両ひざ、両手の指と甲、両足の指と甲

「ほかの部位2カ所1回分」とありますが、Sパーツなら1カ所で2回施術できます。(Lパーツは1回です)

キャンペーンは、例えばこんな形で組み合わせることができます。

  • Vライン周りを脱毛して見た目をキレイにしたい
    [Vライン無制限]+[両ワキ無制限]+[トライアングル上2回]+[トライアングル下2回]
  • デリケートゾーンの毛を減らしてニオイケアをしたい
    [Vライン無制限]+[両ワキ無制限]+[Iライン上2回]+[ヒップ奥下2回]

脱毛は1~2回で完了できませんが、今後継続する際の脱毛回数を節約できます。

通常料金で同じパーツを施術しようとすると、半額キャンペーンを利用しても1回あたりLパーツ4,500円Sパーツ2,250円の施術料金がかかるので、圧倒的にお得になります。

まだミュゼで施術を受けたことのない人は、絶対に利用するべきキャンペーンです。

Vラインの範囲はどこまで?自己処理のやり方

ミュゼのキャンペーン対象であるVラインの範囲は、「左右の足の付け根の箇所」までになります。
正面から見えるVラインの毛をすべてツルツルにしたい場合は、別途「トライアングル上・下」の部位を契約しなければいけません。

とはいえ、ミュゼのVラインは意外と幅が広く、この部分をケアするだけでも印象が大分変わります。
具体的なVラインの範囲は、ミュゼ独自の「Vラインプレート」によって決められます。

Vラインプレートの範囲を除く箇所を処理する

ミュゼでは、カウンセリングのときに、「縦10センチ、上辺10センチ、底辺5センチ」のVラインプレートを渡されます。
画像の真ん中の白い部分がVラインプレートの大きさで、「トライアングル上・下」で処理をする部分です。

(引用:ミュゼ公式HP)

このプレートからはみ出た部分が処理範囲なので、それに合わせて事前処理をします。

プレートにそって処理をするので、大きさや形がずれることなくキレイに処理できます。

もしプレートを無くしてしまった場合は、ミュゼの公式HPにあるテンプレートを等倍でプリントアウトして利用することもできます。

自己処理のやり方

自己処理にははさみ電気シェーバーをつかいましょう。
カミソリは、チクチクの原因や、赤み・かゆみといった肌荒れをおこす恐れがあるのであまりオススメできません。

まずはVラインにプレートをあわせて、はみ出た部分の毛をはさみで短く切ります。
つぎにプレートを外して、はさみで短くした部分を電気シェーバーでていねいに剃ってください。

自己処理後は肌が敏感になっているため、仕上げにしっかり保湿をするようにしましょう。

≫ミュゼの公式サイト≪

今なら半額!Vライン脱毛ができるコース

ミュゼの脱毛料金を最大限安くするためには、「毎月のキャンペーンを活用すること」以外に「WEB(アプリ)から予約すること」が必須です。

ミュゼは公式アプリをダウンロードをすると、Vライン脱毛を含むコースをすべて50%OFFで受けられます。

さらに、これらのコースは12,000円(税抜)以上の契約で「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」が無料で付いてきます!

具体的に、ミュゼの脱毛コースを確認していきましょう。

フリーセレクト美容脱毛コース

キャンペーンと同じLパーツ、Sパーツごとに気になる箇所だけ脱毛するコースです。
キャンペーンのルールと同様に、Sパーツの場合は同額で8回施術できます。

ただしパーツを2つ選んだ時点で「ハイジニーナ7美容脱毛コース」と同額になるので、1パーツだけ追加したい場合のみこのコースを利用すると良いでしょう。

通常価格(4回) アプリDL後
全日 36,000円 18,000円
平日12~18時 30,000円 15,000円

ハイジニーナ7美容脱毛コース

デリケートゾーン全体の7箇所(トライアングル部分上・下/Iライン/Oライン/ヘソ下/Vラインの上/Vライン)を脱毛するコースです。

VIOをキレイにしたいという方は「フリーセレクト美容脱毛コース」で全て選ぶより断然お得に施術できます。

通常価格(4回) アプリDL後
全日 72,000円 36,000円
平日12~18時 60,000円 30,000円

全身美容脱毛コースバリュー・ライト

全身ではないけどVIO以外にも脱毛したい箇所があるという方のために、全身のなかから人気の部位をピックアップした12プランから選べるコースです。

バリューコースでは「スタンダードD」(VIO全体+ひざ下/ひじ下)を選ぶとVIO全体を含む脱毛ができます。

通常価格(4回) アプリDL後
全日 126,000円 63,000円
平日12~18時 105,000円 52,500円

ライトコースでは、バリューコースよりさらに広い範囲を3つのプランから選択します。

VIOを含むのは「Aプラン」(ひじ上・下/ひざ上・下/手足の甲と指/トライアングル上・下/Iライン/ヒップ奥)です。

通常価格(4回) アプリDL後
全日 189,000円 94,500円
平日12~18時 157,500円 78,750円

ミュゼのVライン脱毛がお得な理由

ミュゼプラチナムの脱毛料金が安い理由は、ミュゼエクスプレスという新機種導入によって施術スピードが早くなったからです。

最新の高速マシンを導入した事により、今までの施術にかけていた時間が半分に!
1人にかけていた時間で、2人分の施術が可能になったわけです。

施術スピードが早くなれば短時間で多くのお客様に施術できますよね。
効率がUPする事で利益が出るというわけです。

また、実際にお得なキャンペーンでミュゼの脱毛を体験してもらうと「他の部分もやってみたい」といって契約するケースが多くなるとのことです。

≫ミュゼの公式サイト≪

ミュゼのVライン脱毛の流れ

ミュゼのVライン脱毛は、どんな流れで施術が進んでいくのか、具体的にみていきましょう。

【1.契約】無料で丁寧なカウンセリング

カウンセリングではまずカルテを作り、肌の状態や健康状態をチェックしたり、脱毛のシステムなどを確認します。
脱毛の事で分からない事や不安な事があったら、スタッフにしっかり相談できます。

カウンセリングの所要時間は、だいたい60~90分です。
予約は1人ずつですが、カウンセリングは2人まで一緒に受けられるので、友人や家族と一緒にカウンセリングができます。

その場で契約する場合は、身分証が必要です。
カウンセリング当日は施術を受け始められないので、契約後に1回目の予約をとります。

勧誘はありません

ミュゼは、一切勧誘がありません
エステサロンのイメージといえば勧誘。
「お試しで体験したいけど勧誘を受けたくない」「断るのが無理で高いコースを契約させられそう…」と心配な方は少なくないと思います。

勧誘がないと、Vライン脱毛へのハードルが一気に下がりますよね。

≫≫ミュゼVラインのカウンセリング体験談はこちら

【2.来店】施術部位以外は見えない格好

来店するとまずロッカールームに案内され、施術着に着替えます。

施術時の恰好は、VIO脱毛の場合は上半身着衣のままでガウンと脱毛用の紙パンツを着用します。
紙パンツはクロッチ部分の幅を調節できる形になっているので、施術部位以外の箇所があまり見えない様になっています。

ミュゼの施術室は7割が個室

ミュゼの店舗によっては、ロッカー完備の完全個室とロッカールームが別にありカーテンで仕切るタイプと違いがあります。
現在、7割以上の店舗が、ベッドのある個室で着替えるタイプになっています。

ちなみに、銀座中央通り5丁目店は、カーテンで仕切るタイプ、大宮店、グラン銀座2丁目店は、個室にロッカーが完備されているようです。

【3.施術前】事前処理・肌のチェック

着替えが済んだら施術室に進み、事前に自己処理で行ったシェービングをチェックして、毛の量や質、肌の状態を確認します。

Vラインの剃り残しがあった場合は、その部分を避けて施術を行うか、施術を断られてしまうケースも
これは本当にもったいないので、剃り残しは充分注意しましょう。

生理中はNG!脱毛を断られるパターン

生理中は、Vライン脱毛ができません
ミュゼでの脱毛は、肌へのダメージが少ないとはいえ、生理中のデリケートな肌には、多少の負担になる事も…。

もし当日生理になってしまっても、別の日に振り替えることが可能なので、安心です。

ほかに、日焼けや12時間以内の飲酒なども肌トラブルを招くため、脱毛が出来ない事があります。
乾燥していたり、吹き出物が出ているなど肌トラブルを持っている方も、肌に負担をかけやすくなるため、脱毛を断られる場合があります。

【4.施術開始】痛みはほとんどなし

処理する箇所を清潔にしてから、抑毛成分配合のジェルをのせます。
このジェルには、植物由来のアミノ酸が入っているため、お肌に優しく美肌効果も期待できるのがポイント!

ミュゼのVライン脱毛は、「ミュゼエクスプレス」という最新マシンの導入で、従来に比べて5倍もスピードがUPしています

Vラインの脱毛の場合は、1回の施術が30分程で終了してしまいます。

肌にやさしい「SSC方式」を採用

SSC脱毛は、「スムーススキンコントロール脱毛」の略。
ジェルの上からライトを当てる事で、最も肌に優しい脱毛を行う事が可能なのです。

個人差はありますが痛みはほとんどなく、あっても一瞬軽く感じる程度の痛みです。

さらに、1秒で約200本ものムダ毛に作用するので、短時間で施術する事ができます。

【5.施術後】肌をしっかりケア

ジェルをしっかりと拭き取り、冷却パッドで肌を数分間クールダウンさせます。
その後、プラセンタエキス配合のトリートメントを肌に塗り、終了になります。

仕上げのトリートメントで美肌になれる

脱毛のあとのトリートメントは、ミュゼが独自開発したプラセンタエキス配合のミルクローションです。
このミルクローションは、肌を潤わせながら「美肌効果」をもたらします。

脱毛しながら美肌も狙えるなんて、女子としては嬉しいですよね。

施術後はあまり体を温めない様にする

施術後は肌が敏感になっているため、体に熱がこもると、赤みやかゆみなどの肌トラブルにつながるケースがあります。
激しい運動、入浴、飲酒や日焼け、スポーツなどの行為は体に熱をこもらせてしまいがちなので避けましょう。

≫≫ミュゼVラインの1回目施術体験談はこちら

≫ミュゼの公式サイト≪

ミュゼの予約や解約について

施術内容以外にも、予約のしやすさや解約方法などのシステム面は施術を続けていくうえで重要なことです。
ミュゼの予約と解約、それぞれの仕組みについてみていきましょう。

WEBからカンタン予約

ミュゼプラチナムの店舗数は、脱毛サロンのなかでも最多数
現在も店舗数はぞくぞくと増えており、予約時は通いやすい店舗を3つ同時に検索できるので、とても予約が取りやすいのです。

店舗数が多いため、自宅近くはもちろん、学校や勤務先の近くにも比較的見つけやすくなっています。

また店舗移動も可能なので、自分のスケジュールに合わせて通えるのが便利です。

予約は直前がねらい目!

カンタンに予約ができるシステムは整っていますが、ミュゼの口コミでは予約が取れないという声があります。
ミュゼは人気も高いサロンなので、土日はとくに人が殺到し予約が取りづらい傾向にあります。

平日に予約する方がスムーズですが、土日に予約したい場合は意外と直前のキャンセル待ちを狙って予約をしたい日のギリギリまで待ってみるのがオススメ!
予約は、サイトから24時間いつでも出来ますし、変更も可能です。

安心の全額返金保証制度

ミュゼは、両ワキ美容脱毛完了コースのみ、全額返金保障制度があります。
全額返金保証制度は、急に通えなくなった場合でも適用可能です。

解約後の注意点

ミュゼのVライン脱毛をやめたい場合は、一度解約してしまうと、再契約ができなくなります
返金保証制度を適用後は、「また始めたい!」と思っても、再開できないので慎重に検討しましょう。

ミュゼのキャンペーンを活用してVライン脱毛をお得に!

ミュゼのVライン脱毛は、痛みもなく施術も早いのに美肌効果も狙えます。
それだけでも、お得感はありますが、料金の安さも良心的でさらに魅力的ですよね。

このキャンペーンは対象月の末日までにカウンセリング予約を完了し、WEB会員登録をした人のみです。
気になった方は是非お早めに!

≫ミュゼの公式サイト≪