Vライン脱毛ガイド > Vライン脱毛の基礎知識 > 脱毛のVライン・Iライン・Oラインってどこ?VIOラインの範囲を解説

脱毛のVライン・Iライン・Oラインってどこ?VIOラインの範囲を解説

デリケートゾーンを脱毛したいけれど、脱毛の「VIO」はどこの箇所を指すのかわからない……。
そんな人は少なくありません。

脱毛をまったく経験したことがない人や、経験はあるけれどワキ脱毛だけという人はVライン、Iライン、Oラインがどこなのか知らない方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、V・I・Oラインそれぞれがどの箇所を指すのかを解説していきます。

VIOラインと呼ぶのはなぜ?

そもそもなぜデリケートゾーンやアンダーヘアを「VIOライン」と呼ぶのでしょうか?

すでに解説したようにVはビキニライン、Iは女性器の両サイド、Oは肛門周りですよね。

これらの周辺に生えている毛の形がV、I、Oのアルファベットに似ていることから「VIO」と名付けられたといわれています。

それぞれのアルファベット自体に意味があるわけでも英単語の頭文字でもないということです。

Vラインはどこの箇所?

Vラインはビキニタイプの水着を着たときに、パンツで隠れている部分の中でパンツのラインに沿った箇所を指します。
具体的にいうと、太ももの付け根とお腹の下にある水着の水平ラインがVラインです。

Vライン脱毛は、この逆三角形の範囲内にある陰毛やムダ毛を脱毛していきます。

Vラインはショーツを穿いたときに毛がはみ出やすいことから、多くの女性が脱毛を行っている箇所です。

Vラインの範囲はサロンやクリニックによって異なるので気をつけなければなりません。

同じVラインでも上部、下部、サイド、ワイド、スーパーVライン、ハイジニーナなど、サロンやクリニックによってさまざまなパーツの分け方があり呼び名も変わってきます。

また、どの範囲を選ぶかで料金も変わってくるので注意してください。

「VIOライン脱毛」にすべての箇所が含まれているところがある一方で、契約内容によっては含まれている箇所含まれていない箇所があるところも。

たとえば、ショーツの横からはみ出る部分は含まれているけれど、お腹の下の部分は別料金になるところもあります。
そのため、VIO脱毛を始めようと思ったら、まずは無料カウンセリングに足を運んで、脱毛してもらえる範囲をしっかりと確認しておくことが大切になります。

脚の付け根を超えて内股の方までムダ毛が生えている人は、Vラインの脱毛してもらえる範囲が広いサロンを選ぶと安心ですよ。

Iラインはどこの箇所?

Iラインは生理用ナプキンがあたる部分のことで、Vラインの逆三角形部分と肛門の間を指します。

もっと具体的にいうと女性器の両側、いわゆるデリケートゾーンの範囲です。
つまり、脚を開いたときの股の間にあるラインがIラインということです。

Iラインの脱毛は、女性器の両サイドを脱毛していくことになります。

経験している人が多いと思いますが、Iラインに陰毛があると、生理のときに蒸れたり臭いの原因になったりしてしまう問題がありますよね。

また、経血やおりものが陰毛に絡みつくことで処理に手間が掛かるという難点も。そのため、多くの女性がIラインの脱毛を行っています。
全面が細いタイプのショーツを穿いたときに、両サイドから毛がはみ出るのが嫌で脱毛する女性も多いようです。

Vライン同様、Iラインの脱毛範囲はサロンやクリニックによって異なる場合があるので注意が必要です。

基本的には、黒ずみが強い部分を除いた内側ぎりぎりのラインまで照射可能。

ただし、肌トラブルを起こしやすい人は、皮膚の状態が良くなってから施術を始めるケースもあります。
サロンやクリニックによっては、粘膜まで照射するところとしないところがあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

Oラインはどこの箇所?

Oラインは肛門周りの範囲を指します。

そんなに多くはないものの、Oラインに毛があると排泄物が毛に絡みついてしまうことがあるため、衛生的に好ましくありません。

また、Tバックを穿いたときに紐の両側からムダ毛がはみ出ていたら、せっかく可愛い下着を穿いていても恥ずかしい思いをしてしまうこともあるでしょう。

Oラインの範囲ですが、VラインやIラインと同じようにサロンやクリニックによって異なります。

Oラインの脱毛を希望する際には、無料カウンセリングのときに脱毛範囲を確認しておくようにしましょう。
普段は見えない箇所なので、毛がどれくらい生えているのかわからない人が多いはず。
Oラインの毛は誰でも生えていますが、人それぞれ量が違います。

自分で確認したことがある人なら「けっこう生えている」と自覚している人もいるかもしれません。

一度も確認したことがないのであれば、「そんなに生えていないはず」と思い込んでいる人もいるでしょう。

実は、Oラインの毛は思った以上に生えているものです。

「Oラインの毛はそんなに生えていないから、VラインとIラインだけ脱毛すればいいか」という人は多いもの。

しかし、VラインやIラインの脱毛が進むにつれて、次第にOラインの毛が気になってくるケースは珍しくありません。

前述したようにOラインは排泄物が毛に絡みつきやすい箇所なので、衛生面を考えるとVラインやIラインと一緒に脱毛することをおすすめします。

肛門周りの毛を処理することで、ウォシュレットで手早くキレイにできるようになるのもメリットです。

おろそかにしがちなOラインの脱毛ですが、必ずやっておくべき箇所といえますね。

VIOそれぞれの境目はどこ?

ここまで「VIO」それぞれがどこの箇所なのかを紹介してきました。

しかし、なかには「VIO」がどこかはだいたいわかったけれど、「どこからどこまでか明確にわからない…」という方がいるかもしれません。
ここからは、VIO、それぞれの境目について解説していきます。

VラインとIラインの境目は

Vライン、Iライン、そしてOラインも一言でいえば「アンダーヘア」なのです。

それぞれの箇所に独立して生えているわけではなく、個人差はありますが一つながりになっているのが普通。
そのため、境目はないといっていいでしょう。

とはいえ、脱毛するときには境目がどこなのかとても気になるものですよね。

もしIラインだけを脱毛する場合は、どこまで脱毛してもらえるのか疑問に思う人も多いでしょう。

VラインとIラインの境目は、範囲と同じようにサロンやクリニックによって変わってきます。
したがって、通おうと思っているサロンに聞いてみるしか方法はありません。

サロンやクリニックによって境目の定義は異なりますが、以下のような解釈が一般的です。

  • Vラインは脚を揃えて立っているときに見える範囲
  • Iラインは脚を揃えて立っているときに見えない範囲

一般的にVラインは逆三角形になっているので、三角形の先端につなげるような形で自然に仕上げてくれるサロンが大半です。

「Iラインだけ脱毛してVラインは残す」という場合でも、自然に見えるような処理をしてもらえるので心配いりません。
それでも心配だという人は、事前に「こんな風にしてほしい」と希望を伝えておくと安心です。

IラインとOラインの境目は

前述したように、Vラインから始まってIラインを通り、Oラインに至るまで毛が一つながりになっている人がほとんどです。

Iラインは女性器の両サイド、Oラインは肛門周りを指すので、境目は「女性器周りと肛門周りの間」と定義づけていいでしょう。

脱毛サロンによって箇所が異なることも!気になる場合は問い合わせを

Vライン、Iライン、Oラインそれぞれがどの箇所を指すのかおわかりいただけたでしょうか?
基本的な範囲は下記になります。

  • Vラインは太ももの付け根とお腹の下にある水着の水平ライン
  • Iラインは女性器の両サイド
  • Oラインは肛門周り

ただし、細かな点においては、脱毛サロンによっては異なる場合もあります。
気になる方は、脱毛したいサロンに問い合わせてみるとよいでしょう。