Vライン脱毛ガイド > Vラインの自己処理 > vio脱毛の事前のシェービングは絶対しなきゃダメ?自己処理の仕方とは

vio脱毛の事前のシェービングは絶対しなきゃダメ?自己処理の仕方とは

vio脱毛をする人が急増中!

最近、脱毛サロンで脱毛をする方が選ぶ部位としてvioゾーンがとても人気です。

vioゾーンというのはデリケートゾーンのことです。
vはビキ二ラインのことで下着からはみ出した部分、iは性器の周辺の部分、oは肛門周辺の部分のことを言います。

なぜこのvioラインの脱毛をする人が増えているのでしょうか。
水着を着た時に気にならなくなったり、男性に見られたときに恥ずかしくないようにするためだったり、生理の時の不快感が軽減するため、などさまざまな理由があるようです。
脱毛サロンでもvio脱毛が人気なことからキャンペーンをしてリーズナブルな価格で脱毛をできるようにしているところが増えていて、さらに人気になっています。

脱毛サロンでvio脱毛をするときに事前にシェービングは必要?

脱毛サロンでvio脱毛をするとき、カウンセリングなどの段階で、基本的にシェービングはしてきてほしいと言われます。
「そのままの状態で脱毛してもらえないの?」と思う人もいるかもしれません。

そのままでは脱毛してもらえることはまずありません。
脱毛サロンで利用しているフラッシュ脱毛器というのは黒いものに反応するからです。
この場合の黒い部分というのはムダ毛になります。

つまり、ムダ毛にフラッシュが反応して照射されることでムダ毛の細胞が破壊されて脱毛されるのです。

ところが、ムダ毛が生えっぱなしの長い状態だとフラッシュを照射したときに黒い部分が多いことで照射範囲が大きくなってしまいます。

そうすると、大きなエネルギーを肌に与えることになるので激しい痛みを感じてしまったり、最悪の場合は火傷をしてしまうことがあります。
そのためvio脱毛をする場合は必ずムダ毛はシェービングしておく必要があります。

vioの事前のシェービングで絶対にしてはいけないこと

脱毛サロンでvio脱毛をするにあたってシェービングが重要ということをご説明しました。
ムダ毛が多ければ多いほどフラッシュ照射時の刺激がとても強くなって痛みを感じやすくなります。

痛みをできるだけ少なくして安全に脱毛してもらうためにはシェービングは欠かせません。
ただし、ここで間違ってほしくないことがあります。

それは、痛みをできるだけ感じにくくしたいからといってムダ毛を毛根からシェービングしてしまうことです。

最近ではムダ毛を毛根から抜き取ることができる電気脱毛器が販売されていて利用している人もいるはずです。
また、ムダ毛処理に毛抜きを利用する人もいると思います。

これらの脱毛方法は、ほかの脱毛方法と比べると毛根部分が綺麗に処理されるので見た目がとてもきれいに見えます。
ところが、このように毛根部分まで綺麗に処理してしまうとフラッシュ脱毛器が反応する黒いものがなくなってしまうのです。

フラッシュが反応しないということは、脱毛処理されないので全く効果を得られないということになってしまいます。
vio脱毛する前の事前のシェービングでは毛抜きや抜くタイプの電気脱毛器などは絶対に使用してはいけません。

vioの事前のシェービングはどんな方法でするのがいいの?

では、どんな方法でvioの事前のシェービングをするのがいいのでしょうか。

カミソリでのシェービング

1つはカミソリを利用したシェービングです。

カミソリを利用してシェービングすると、肌に見える部分のムダ毛は綺麗に処理したうえで毛根部分はしっかりと残っています。
この状態であればフラッシュを照射したときにしっかりと反応してくれるので脱毛効果は十分に期待できます。

ただし、カミソリを利用する場合には気を付けなければならないことがあります。
それは肌にできる限り負担にならないようにすることです。

カミソリというのは結構肌に負担をかけてしまいます。
何度もカミソリを肌にあてていると皮膚が削れてきて赤くなってしまうこともありますし、深剃りをしてしまうと血が出てしまうこともあります。

このような肌に負担がかかった状態になると、脱毛サロン側では脱毛時のトラブルのことを考えて脱毛を断ることがあります。
ですからカミソリを利用する場合は深剃りをするなどの肌への負担を大きくする剃り方は避けてください。

ちなみに肌への負担を軽減するためにお風呂場でカミソリを使えばよいと考える方もいるかもしれません。
しかし、お風呂場でカミソリを使用すると雑菌が多いところなので肌が炎症を起こしてしまう可能性もありますので注意が必要です。

電気シェーバーでのシェービング

もう1つの方法が電気シェーバーを利用する方法です。
カミソリのように肌に直接刃をあてることがないので肌への負担が少なく、極端に深剃りされることもないので肌トラブルも一番少ないです。
ムダ毛が残って少し黒いブツブツした状態になりますが、実は1番脱毛しやすい状態なのです。

いつごろシェービングをして脱毛サロンに行けばよいの?

脱毛サロンでvio脱毛をしてもらうとき、事前にシェービングをしてほしいと言われたらいつ頃シェービングをすればよいのでしょうか。

これは脱毛サロンに通う1~2日前が理想的です。

その理由ですが、当日だとシェービングをしたことによる肌荒れが残っているからです。

見た目ではわからなくても肌が荒れてしまっていて、フラッシュ脱毛による刺激で肌荒れが悪化してしまう可能性があるのです。
また、3日以上前だと人によっては結構なスピードでムダ毛が生えてきてしまっていてフラッシュ照射の刺激が強くなってしまいます。

1~2日ほどであれば、肌荒れも落ち着き、そしてムダ毛も生えてきても少しなので脱毛するのに最適な状態になっています。

vioの事前シェービングは難しそうだけどやり方はあるの?

自分でvioゾーンのシェービングをしたことがない人はどうやってやればよいのか不安という人もいると思います。

そこで部位ごとにやり方を紹介します。

Vライン

まず、vラインのシェービングについてですが、この部分は結構ムダ毛が多くて長いムダ毛も多いですからできるだけハサミで短くカットしてください。

そのあとにカミソリや電気シェーバーを利用して目視しながら肌を傷つけないようにシェービングしてください。

Iライン

iラインのシェービングはvラインのシェービングより難易度は上がります。

目視するのがとても大変だからです。
テーブルなどに片足をのせてのぞき込めば見やすくなります。

ムダ毛がそれほど長くなければそのままカミソリや電気シェーバーで剃ってしまっても大丈夫です。

iラインを脱毛する場合に気を付けるべきことは女性器を傷つけないようにすることです。
できれば下着をつけたまま女性器を保護しながら少しズラして脱毛するのがベターです。

Oライン

oラインを脱毛する場合は、目視では見えませんから鏡を床に置いてヤンキー座りで確認しながら剃るのが最も簡単です。
ただし、デリケートな部分ですから細心の注意を払って脱毛する必要があります。

もし剃り残してしまったらvio脱毛してくれないの?

vio脱毛の事前のシェービングは結構大変な作業です。目視して見えずらいところもあるので、当然剃り残しをしてしまう可能性もあります。
そんな時はvio脱毛してくれないのかと心配になる人もいると思います。

安心してください。
最近では施術当日にシェービングを行ってくれる脱毛サロンが増えていて、断られるような脱毛サロンはほとんどありません。
ある程度剃っておけば大丈夫なので、むしろ剃りすぎて肌を傷めないように注意してください。

しっかりvio脱毛するために施術前のシェービングは必須!

事前にシェービングをしていないと、脱毛がうまくいかないことがあります。
また、剃り残しならまだしも、処理を忘れた場合には、脱毛を断れれてしまうケースもあるので注意しましょう。

しっかりシェービング処理をして、万全の態勢でvioを脱毛を行いましょう!