Vライン脱毛ガイド > Vラインの自己処理 > Vラインのカミソリ負けの原因は?処理方法とおすすめの商品を徹底紹介!

Vラインのカミソリ負けの原因は?処理方法とおすすめの商品を徹底紹介!

Vライン脱毛するなら絶対おすすめ!脱毛サロンランキング

サロン キャンペーン
300円で【両ワキ&Vライン通い放題】+【2か所脱毛】プレゼント
詳細はコチラ
敏感肌・ニキビ肌OK!VIO脱毛体験 5,400円
詳細はコチラ
全身脱毛、初回0円
詳細はコチラ
>>どうしてミュゼが1位?他サロンとの比較はこちら

Vラインのムダ毛を処理するさいに、カミソリを使用している人は多いのです。

しかし、カミソリは正しく使用をしないと色素沈着や肌荒れを起こします。

カミソリでVラインの処理をしていて、赤みやブツブツ・湿疹など出たことがある人もいるのではないでしょうか?

これがいわゆる「カミソリ負け」です。

この記事では、カミソリ負けの原因と正しい使い方・おすすめのカミソリなども合わせて、紹介します!

正しく使用しないと「カミソリ負け」の原因になる


カミソリは、正しく使用しないとカミソリ負けを起こします。

カミソリ負けは、カミソリの使い方以外にも「カミソリの保管方法」が原因の場合もあるのです。

カミソリ負けの原因について、くわしく紹介します。

カミソリに菌が繁殖し、不衛生

不衛生なカミソリを使用していると、カミソリ負けをおこしてしまいます。

同じカミソリを何度も使用したり、湿気の多い浴室に置きっぱなしにすると雑菌が繁殖するのです。

雑菌のついたカミソリでVラインの処理をすると、剃った部分から菌が繁殖し炎症をおこします。

そのため、カミソリは清潔にしましょう。

カミソリの使用後は、しっかりと洗い完全に乾かしてからケースなどに入れて保管してください。

また、カミソリの刃は定期的に取り換えましょう。

間違った使用方法で肌を傷つけている

カミソリを間違った方法で使用すると、肌を傷つけてしまいます。

カミソリで剃っても血は出ていませんが、肌を少しずつ削っているなんてこともあるのです。

毛を剃るときは、どうしてもカミソリが肌に触れます。

深剃りをしたり、間違えた剃り方をしては肌を傷つけてしまうので注意しましょう。

Vラインの正しい自己処理方法


カミソリ負けを防ぐためには、正しい方法でカミソリを使用することが大切です。

正しくカミソリを使用することで、きれいに処理ができ、肌も傷めません。

肌や毛を清潔にし、Vラインを温める

カミソリで処理をする前に、Vラインを清潔にしておきましょう。

Vラインに皮脂や汚れがついていると、剃ったあとの肌に菌が入り込んでしまうことがあるのです。

また、Vラインを蒸しタオルで温めましょう。
温めると肌や毛がやわらかくなります

肌と毛がやわらかいと、カミソリやシェーバーが引っかかりにくいためスムーズに処理ができます。

毛の長さを短くする

カミソリでVラインの毛を処理する前に、ヒートカッターなどである程度切りましょう。

剃るなら最初からカミソリで処理してもよい気がしますが、実は毛が長いとカミソリで一気に剃るのは難しいのです。

一気に剃れないため、何度もカミソリを肌に当て剃らなければなりません。

カミソリを何度も肌に当てることは、肌への負担となり黒ずみや色素沈着の原因です。

女性用のシェービングクリームを使用

カミソリでVラインの毛を処理する場合は、シェービングクリームを使用しましょう!

シェービングクリームは、カミソリの刃による肌への負担を減らします。

また、市販の石けんやボディーソープを使用した処理もおすすめしません。

石けんやボディーソープは、成分が強いため肌に必要な皮脂も洗い落としてしまいます。

そのため、肌がカサカサになりカミソリ負けを起こしやすくなるのです。

おすすめのシェービングクリームは「LUSH AMBROSIA」です!

はちみつ・エッセンシャルオイル・カカオバターが肌を保護します。

また、はちみつには肌に潤いを与えるためスベスベの肌になるのです。

敏感肌の人も使えるので、おすすめです!

参考:【LUSH】公式サイト

毛の流れに沿ってやさしく刃を当てる

Vラインの毛を処理する場合は、毛が流れている方向にカミソリを動かしましょう。

逆さから毛を剃ると、肌への負担となるので注意してください。

下記のリンクは「1番きれいにVラインが処理できる」方法を紹介しています。

合わせて、電気シェーバーや家庭用脱毛器も紹介しているので、自宅で脱毛を考えている人はご覧ください。

乾燥を防ぐために保湿をしましょう

Vラインを含むデリケートゾーンは、刺激に弱く乾燥しやすい部位です。

乾燥はかゆみを引き起こし、深刻な肌トラブルの原因です。

保湿をする場合は、デリケートゾーン専用の商品を使用しましょう。

デリケートゾーン専用のため、刺激が少なく保湿に優れています。

「カミソリ負け」をしたときは肌に負担をかけない


カミソリ負けをした場合は、肌に負担をかけないことが大切です。

かゆみや痛みがあっても、ムダ毛の処理を控えましょう。

Vラインを冷やし3~4日は様子をみる

カミソリ負けをして、かゆみがでた場合は冷やし、3~4日は様子をみましょう。

かゆみがあると手を使いかきたくなりますが、我慢し冷やすことでかゆみが軽減されます。

また、かゆみが治まっていてもカミソリ負けをした部位を温めてしまうと、かゆみが再発する可能性もあります。

そのため、温かい湯船には入らずにシャワーにしたほうがよいです。

Vラインにも使用できる薬を塗る

カミソリ負けをすると、かゆみだけではなく痛みを伴います。

また、赤くなりボツボツができてしまう人もいるのです。

ここでは、症状に合わせたVラインにも使える薬を紹介します。

Vラインにおすすめのカミソリ


Vラインにおすすめのカミソリを紹介します。

Vラインは、皮膚が薄くデリケートな部位です。
そのため、敏感肌用のカミソリを選ぶとよいでしょう。

シック ハイドロシルクトリムスタイル

@コスメでも高い評価を得ている「シック ハイドロシルクトリムスタイル」は、毛量と長さを調整できます。

 

  • 毛量と長さを調整できる
  • 毛が平面にカットされるのでチクチクしない
  • 敏感肌でもヒリヒリしない

シック ハイドロシルクトリムスタイル公式サイト
下記のリンクでは、VIOにも使えるおすすめのシェーバーを紹介しています。

また、ヒートカッターのメリットやデメリットも紹介しているので、自分に合った商品を見つけることができます。

きれいなVラインを目指すためには脱毛サロンがおすすめ


きれいなVラインを目指すためには、プロに任せるのが1番です!

カミソリでVラインの処理を続けると、肌へのダメージが蓄積されます。

肌ダメージが蓄積されると、黒ずみや色素沈着などの肌トラブルも深刻化してしまうのです。

サロンで脱毛をすれば、自己処理がラクになるためカミソリ負けやチクチクに悩むこともありません。

毛穴が小さくなり、赤ちゃん肌になる

脱毛サロンでは、美容成分が含まれたジェルを使って脱毛をします。

そのため、毛穴が小さくなり赤ちゃんのようなきれいな肌になるのです。

肌への負担が少ない

脱毛サロンで脱毛をすると、自己処理をしなくてもよいくらいムダ毛が気にならなくなります。

そのため、自己処理により肌を傷めることもありません。

その上、美肌効果もあるため、自己処理をするよりも断然きれいな肌になります!

長い目でみると300,000円以上安い!

脱毛サロンは、カミソリと比べると高く感じます。

しかし、長い目でみると脱毛サロンのほうが断然お得です!

商品 特徴 金額
カミソリ 1ヶ月に1回買い替える 1本約1,000円

40年でかかる金額

約480,000円

脱毛サロン

Vライン1回の相場

約8,000円

12回脱毛

約96,000円

カミソリは、メーカーにもよりますが1本約1,000円です。

10代~40代までの約40年間をカミソリで処理した場合、約480,000円も掛かります。

しかし、脱毛サロンでは12回で約96,000円と安いです!

人にもよりますが、脱毛回数12回は肌がツルツルになる回数です。

そのため、Vラインのアンダーヘア―をツルツルではなく少し残したい場合などは、もう少し安く脱毛ができます。

カミソリと脱毛サロンでは、約380,000円も差があるため、長い目でみると脱毛サロンがおすすめです!

Vライン脱毛は300円でできるミュゼがおすすめ!


ミュゼの300円キャンペーンは、両ワキ・Vラインが満足するまで通い放題です。

さらに全身から2ヵ所選ぶことができ、合計4ヵ所を300円で脱毛ができるのです。

下記のリンクでは、ミュゼのキャンペーンやミュゼが人気の秘密を紹介しています。

>>Vライン脱毛は今の予約がお得!ミュゼのキャンペーンを賢く利用!<<

ミュゼ公式サイト

プロの脱毛でVラインのチクチクを解消しましょう


カミソリは、すぐに購入ができるためカミソリでVラインの処理をする人は多くいます。

しかし、Vラインはほかの部位とは違い、肌荒れや色素沈着なども起こしやすいのです。

そのためVラインやIOラインは、プロに任せるのが1番です。

脱毛をすれば、カミソリ負けやVラインのチクチクに悩むこともないでしょう。

また、色素沈着や黒ずみなどデリケートゾーンの悩みも解消されます!

ミュゼは、300円で脱毛ができるだけではなく、通い放題のためカミソリで処理をするよりも断然お得です!

ミュゼではVラインが300円!
キャンペーンの詳細はコチラ