Vライン脱毛ガイド > Vラインの自己処理 > Vラインでカミソリ負け…原因はなに?正しい処理方法と対策を紹介!

Vラインでカミソリ負け…原因はなに?正しい処理方法と対策を紹介!

何かと厄介なVライン、皆さんはどうやって処理していますか?
手っ取り早く処理ができる、カミソリを使っている方も多いのではないでしょうか。

カミソリで処理をして、肌が切れたり傷ついたりしたことはありませんか?
傷ついていないと思っていても、実は見えないだけで、鋭利な刃で皮膚にダメージを与えていることには変わりありません。

カミソリによって皮膚を傷つけ、そぎ落としてしまうことで、肌が弱ってヒリヒリしたり、赤味やブツブツなどの湿疹が出てくることがあります。

これがいわゆる「カミソリ負け」です。

もし、Vラインにかゆみがあるのならば、それは「カミソリに負け」と呼ばれる症状かもしれません。
今回は、そんなカミソリ負けの原因と、カミソリ負けを起こしたときの対処方法を紹介します。

また、今後カミソリ負けを起こさないVラインの処理方法についても調査しました。
カミソリ負けに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください!

カミソリ負けをしてしまうのはなぜ?

では、そもそもカミソリ負けを起こしてしまうのはなぜなのでしょうか。
カミソリ負けを起こす原因として、大きく分けて2つのことが考えられます。

(1)不衛生なカミソリを使っている

まず挙げられるのは、カミソリが不衛生であることです。

同じカミソリを何度も使ったり、浴室に置きっぱなしにしておくと、雑菌が繁殖しやすくなります。

雑菌のついたカミソリを使うと、剃った部分から菌が入って炎症を起こしてしまうのです。

使った後はしっかりと洗うだけではなく、完全に乾かしてからしまうようにしてください。
湿ったまましまうと、その中で雑菌が繁殖してしまう危険があります。

また、切れ味が悪くなったと感じたら刃を定期的に取り換えるようにしましょう。

(2)間違った剃り方で肌を傷つけている

間違った剃り方をしていて、カミソリで肌を傷つけているという可能性があります。

剃っても肌から血は出ていないかもしれませんが、肌を少しずつ肌を削っているなんてことも十分にあります。
毛を剃るときには、どうしてもカミソリが肌に触れます。

深剃りをしたり、間違った剃り方では、肌を傷つけてしまいます。

カミソリ負けをしたらどうすれば良いのか

カミソリ負けは軽度のものであれば、放っておいたりしばらく処理しなければ自然となおる場合があります。

しかし、肌がカミソリ負けをしているにも関わらず、処理をし続けると、当然ながら悪化します。

カミソリを使う人の肌の弱さによっては、そこまでやっていなくても赤みが出てきたり、かゆくなる可能性は十分にありえるので、早めのケアが必要です。

剃った後にかゆみが出た場合

肌にはもともとバリア機能があり、乾燥や刺激から肌を守っています。
しかし、カミソリで毛を剃る時に、皮膚や皮脂も一緒にそぎ落とし、肌のバリア機能を弱めてしまいます。

バリア機能が弱まった肌は、外的刺激を受けやすくなり、皮脂を出せず乾燥し、かゆみを引き起こしてしまいます。

かゆみがひどくなり、炎症や湿疹などが出てくるケースもありますので、注意が必要です。

まずは、カミソリ負けした部分を冷やしましょう。

かゆいとどうしてもかきたくなるかもしれませんが、それを我慢し冷やすことで、かゆみが軽減されます。
また、かゆみがおさまっていてもその部分が温まってしまうと、またかゆくなる可能性があるので、温かいお風呂には入らないほうが良いかもしれません。

気になる方は、デリケートゾーン専用の薬を塗るという手もあります。
かゆみが収まり、肌もしっかり保護されるのでオススメです。

カミソリ負けをしない方法はある?

Vラインの処理はしたい、でもカミソリ負けはしたくないですよね。
どうすればカミソリ負けをしないで済むのでしょうか。

正しい方法でVラインを剃る

まず最低限やらなければいけないことは、正しい方法で処理をするということです。
適当に剃ればそれで良いと思っている人もいるかもしれませんが、それでは肌も傷めますし、綺麗に剃ることは出来ません。
ということは、仕上がりもイマイチになってしまうということです。
良いことはありません。

まずは処理する部分を清潔に

まずは、肌を清潔にしましょう。
カミソリが清潔であることももちろんですが、処理する部分に皮脂や汚れがついていては、剃った後の肌に菌が入り込んでしまうことがあります。
石鹸やボディソープで入念に洗っておきましょう。

あらかじめ毛の長さを短くしておく

毛が短いなら普通に剃っても良いのですが、もし毛が長いならまずは、ある程度切りましょう

どうせ剃るなら最初からカミソリでもいいような気がしてしまいますが、実は毛が長いとカミソリで一気に剃るというのは難しいのです。
それに、毛が多いと毛がカミソリに巻き込まれてしまいます。

そうすると、絡まった毛を取り出す必要があります。
そのためには、剃るのを1度止めなければなりません。
流れが止まってしまうのです。

そういったことを繰り返していると何度もカミソリを肌に当てなければならないわけで、それが肌にとって負担になってしまうのです。
ですが逆に言えば、剃り方を気をつければ肌にかかる負担というのは一気に減るのです。

シェービングクリームやローションを使う

肌が潤っていない状態で毛を剃るのは肌を傷つけることにもなるので絶対にやめてください。

また、市販の石鹸やボディソープを使っての処理もやめましょう。
石鹸やボディソープは成分が強く、肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまうため、肌がカサカサになって、カミソリ負けを起こしやすくなってしまいます。

専用のシェービングクリームや、ローションなどを使ってカミソリの滑りをよくしてから剃るようにして、肌への負担を減らしましょう。

毛の流れに沿って剃る

では、いよいよ毛の剃り方について紹介していきます。
毛を剃る場合には、毛が流れている方向にカミソリを動かしましょう。

逆さから毛を剃ると、肌に負担がかかるので注意してください。

保湿をしっかりとする

かゆみや肌トラブルを防ぐために、Vラインはしっかり保湿をしましょう。

デリケートゾーンは体の中でも特に刺激に弱く、ちょっとした刺激で乾燥してしまいます。
乾燥はかゆみを引き起こし、さらに深刻な肌トラブルを呼び込むひきがねになります。

保湿は、顔や体用のものではなく、デリケートゾーン専用のスキンケア商品を使ってください。
刺激が少なく、保湿に優れているので、敏感なデリケートゾーンを乾燥や肌トラブルから守ってくれます。

また、処理をする人の中には徐々に毛を処理していく人もいれば、とりあえず全剃りしてしまう人もいるでしょう。
なかには、全剃りしたときに、チクチクした毛が残ってしまい、気になるという方がいるかもしれませんね。

チクチクした毛は、保湿をすれば気になりにくくなります。

剃るのではなく脱毛をする

カミソリ負けをしないためには、いっそのこと「剃る」ことをやめる方法もあります。

カミソリ処理を続けていけば、肌へのダメージが蓄積され、肌トラブルも深刻化してしまいます。

サロンでの脱毛であれば、一度きれいに脱毛することで、その後の処理が必要なくなりますので、繰り返し肌を痛めることがありません。
その上、エステの美肌効果で、自己処理していた時よりもきれいな肌を手に入れられる、というメリットもあります。

いっそのこと脱毛に変えてみようかな…という方には「ミュゼ」がオススメです。

Vラインの脱毛には「ミュゼ」がおすすめ!

格安の脱毛サロンが多くなった中でも、激安とも呼べるサロンが「ミュゼ」です。

ミュゼはきちんとした施術をしてくれ、事前のカウンセリングもしっかり行ってくれます。
サロンに良く聞かれるしつこい勧誘などもありませんので、初めての方にも利用しやすいと思います。

毛を少し残したり薄くしたりと、お好みに合わせて量や形を調整することも可能です。

また、WEBからの予約であれば、さらに割引が効くのが嬉しい!

ミュゼを詳しく知る→コチラから

カミソリ負けとはお別れ!正しい方法で、肌に優しくVラインを処理しよう

カミソリ負けにお悩みの方に向けて、カミソリ負けを起こしてしまう原因と、対処方法、対策について紹介しました。

Vラインはデリケートな部分なので「できれば自己処理で済ませたい」と考えている方が多いかもしれません。

もちろん、正しく処理をすれば、カミソリでもVラインの処理はできます。
しかし、処理を重ねることで、肌へのダメージを蓄積させてしまうことがります。

肌トラブルをなくしたいと考えている方はVラインの脱毛を考えてみてはいかがでしょうか。

肌に負担が少ない処理方法で、Vラインのカミソリ負けとはお別れしましょう!