Vライン脱毛ガイド > Vラインの悩み > もう悩まない!一番近道な【Vラインの埋没毛の治し方】

もう悩まない!一番近道な【Vラインの埋没毛の治し方】

Vライン脱毛するなら絶対おすすめ!脱毛サロンランキング

サロン キャンペーン
300円で【両ワキ&Vライン通い放題】+【2か所脱毛】プレゼント
詳細はコチラ
敏感肌・ニキビ肌OK!VIO脱毛体験 5,400円
詳細はコチラ
全身脱毛、初回0円
詳細はコチラ
>>どうしてミュゼが1位?他サロンとの比較はこちら

脇や足、腕と同じくらい当たり前にお手入れする人が増えた、Vライン。
Vラインをきれいにしておかないと、まず水着は着れないという人がほとんどです。

しかし、それと同時に黒いぷつぷつがVラインにできてしまい、悩んでいる人がたくさんいます。
せっかく毛の処理をしても、黒いぷつぷつはとても目立ち、Vラインを黒ずんで見せます。

この黒いぷつぷつの正体は「埋没毛」といって、Vラインに一番多い肌トラブルです。
今回は、このVラインの悩みの種といえる埋没毛の解消法と原因について、詳しく解説していきます。
これでもう、埋没毛に悩む必要はありません!

脱毛サロンで、埋没毛が解消できる!

埋没毛は、根本的な解決をしない限り、繰り返してしまいます。

Vラインのお手入れを止めるわけにはいきませんよね?
すると、とりあえずできてしまった埋没毛を解消しても、また新しい埋没毛ができてしまいます。
もう埋没毛に悩みたくないなら、脱毛サロンで解消してしまいましょう!

フラッシュ脱毛は埋没毛に効果的

ほとんどの脱毛サロンでは、「フラッシュ脱毛」が採用されています。
フラッシュ脱毛とは、黒いもの(メラニン)に反応する光を当てて、毛根を弱らせていくという仕組みのものです。
この仕組みのために、埋没毛にも光が反応してくれるので大変効果的です。

ただし、炎症を起こしている埋没毛には施術をしてもらえません。
炎症が治まってから、施術をしてもらうようにしましょう。

自己処理がいらなくなる

脱毛サロンで施術をしていくことで、ムダ毛が徐々に薄くなっていきます。
個人差もありますが、平均で6回くらいの照射をすれば自己処理がほとんどいらなくなります。

埋没毛の原因は自己処理にあります。
自己処理の必要がなくなれば、もう埋没毛に悩むことはありません。

ミュゼなら○○○円で解消できる!?

脱毛サロンでの脱毛が、一昔前と比べてずいぶん安くなりました。
この金額の安さも、脱毛サロンを勧める大きな理由の一つです。

たとえば、皮膚科で数千円支払って埋没毛をとりあえず解消しても、また埋没毛はできてしまいます。
セルフで頑張って埋没毛を解消しても、自己処理を繰り返せばすぐに埋没毛ができてしまいます。
だったら、脱毛サロンで根本的な解決をしてしまうことが、一番コスパもいい方法といえるんです。

部分脱毛なら、価格が安いことで有名な脱毛サロン「ミュゼ」。
期間限定キャンペーン中なら、Vラインをビックリするくらいの価格で施術することができます。
ぜひ一度、ホームページなどを覗いてみてください。

参考:Vライン脱毛は今予約がお得!ミュゼのキャンペーンを賢く利用!

脱毛サロンv.s医療クリニック

サロンでの脱毛が埋没毛に効果的なら、医療クリニックの脱毛も効果的なのでは?と思った人もいるかと思います。

その通りです。
医療クリニックで取り扱っている医療レーザー脱毛も、フラッシュ脱毛と仕組みは同じです。
メラニンに反応するので、埋没毛にも効果的です。

医療脱毛のメリット

医療脱毛のメリットは、サロンのフラッシュ脱毛よりも効果が早いところにあります。
医療機関で使われているレーザー脱毛器は、サロンの脱毛器よりも出力が強くなっています。
そのために、サロンで脱毛するよりも早く脱毛を完了することができます。

脱毛サロンのメリット

脱毛サロンで使っている脱毛器は、出力が弱い代わりに痛みが少なくなります。
Vラインのムダ毛は太くて濃いため、ほかの部分のムダ毛よりも照射のときの痛みが強くなります。
レーザーでは痛みが我慢できない人も、サロンでのフラッシュ脱毛ならストレスなく施術できるようです。

また、サロンにもよりますがトリートメント効果が期待できます。
脱毛しながら、肌もきれいにトリートメントされていくので、肌のツルツル感が気持ちいいです。

それでも脱毛サロンをおすすめしたい!

脱毛サロンにも、医療クリニックにも、それぞれのメリットがあります。
しかしトータル的にみて、今ならやはり脱毛サロンがおすすめです。

ほかの部位なら見解も違ってきますが、Vラインならサロンでの脱毛のほうがメリットが大きいといえます。
Vライン特有の痛みに対してのメリットも大切ですが、なんといっても価格のメリットが強い!
医療クリニックと比較してみると、サロンのほうがかなり安く脱毛ができてしまいます。

Vラインはサロンのキャンペーンが多い部位なので、タイミングを上手に使って脱毛するのがコツです。
どうしても急いで脱毛したい!という場合は、医療クリニックを選択してください。

脱毛サロンを選ぶ重要ポイント3つ

では、いざ埋没毛解消に向けて脱毛サロンに通おう!と思ったとき、どうやってサロンを選ぶべきなのでしょうか。
失敗しないためにも、絶対に押さえておきたいポイントをチェックしておきましょう。

1・金額

まず、第一に金額のチェックです。

とくにVラインはキャンペーンがよく行われる部位なので、キャンペーンのチェックは必須です。
さらに、春はキャンペーンが多くなっています。
各サロンのキャンペーン価格などを、しっかりと吟味しましょう。

また、Vラインは生理のときに施術がしてもらえない部位です。
急きょ予約をキャンセルしなくてはならない可能性も高い部位ということです。
見落としがちなのですが、予約のキャンセル料の有無もしっかりチェックしてください。

2・通いやすさ

脱毛の施術は、一回で終わるものではありません。
2~3ヵ月おきに、6回は通う心構えが必要です。
途中で通うのが嫌になってしまわないように、通いやすい場所のサロンを選びましょう。

学校の帰り、通勤の帰りに寄りやすい場所なら、平日でも通えるので予約が取りやすくなります。
その場合は、営業時間もチェックしておきましょう。

3・勧誘がないか

せっかく安い料金で通い始めても、ほかの脱毛を勧められてお金がかかってしまっては意味がありません。
また、断るにしてもストレスがかかって、サロンに通うのが嫌になってしまいます。
口コミなどもチェックして、勧誘がないサロンを選ぶようにしましょう。

Vラインの脱毛おすすめサロンはこちら

そもそも埋没毛とは?

そもそも埋没毛とはどのような状況なのでしょうか?
この黒いぷつぷつの正体を知って、埋没毛の発生を防いでいきましょう!

埋没毛は「埋もれ毛」とも呼ばれることがあります。
その名前の通り、皮膚に埋もれてしまっている状態の毛です。

皮膚の中で毛が伸びてしまっているので、剃ることも抜くこともできません。
黒い毛が透けて、剃り残しのようにぷつぷつと見えてしまいます。

どうして毛が外に出れないの?

このトラブルの原因は、肌ダメージにあります。
ダメージによって乾燥した肌は、角質が分厚くなってしまいます。
すると分厚い角質に毛穴が塞がれてしまい、毛が外に出れなくなって埋没毛になるんです。

この肌ダメージは、おもにムダ毛の自己処理が原因になります。

こんな自己処理が埋没毛をつくる!

では、いったいどんなムダ毛の自己処理が埋没毛の原因になるのでしょうか。

カミソリ

Vラインの自己処理で、一番多いのがカミソリでの処理です。
入浴のときなどに、手軽でスピーディーに処理ができる方法ですね。

しかし、カミソリで毛を剃るという行為は、肌の角質を削ぎ落としているようなものです。
肌に与えるダメージはかなり高く、どんどん角質を分厚くしてしまいます。

参照:Vライン、まだカミソリで処理してる?かゆみゼロのおすすめ方法

逆剃りはさらに危険!

そして、カミソリでの処理のときに多いのが「逆剃り」です。
デリケートゾーンのムダ毛は太いため、普通にシェービングしただけでは毛の断面が見えてしまいます。
そのために、毛の根元まで剃れるよう毛並みと逆方向に剃ってしまうのが逆剃りです。

ほとんどの人が、カミソリでの処理のときにこの逆剃りをしています。
しかし、逆剃りはもっとも肌ダメージが強く、Vラインに埋没毛を作りやすくしてしまいます。

毛抜き

つぎに多い自己処理は、毛抜きでの処理です。
剃り残してしまったムダ毛を抜いたり、少し伸びてきた毛を抜いたりとする人が多いようです。

これも手軽な方法ではありますが、カミソリと同様に肌と毛穴にダメージを与えてしまいます。
ムダ毛を無理に引っ張ることで、周囲の皮膚や毛穴の組織も引っ張られて傷つくからです。
埋没毛を作りやすい処理方法なので、注意が必要です。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスとは、Vラインのワックス脱毛のことです。
専門サロンもあり、処理後はしばらく無毛状態になるので人気の脱毛方法です。

しかし、この脱毛処理は毛抜きで処理をしているのと同じことです。
肌にやさしい成分を使ってはいますが、毛根ももちろん残っているし、毛穴もダメージを受けます。
サロンなら安心できると勘違いしてしまって、後から埋没毛に泣く人も多い処理方法です。

埋没毛にはリスクがいっぱい!

Vラインや脇の皮膚は、ほかの皮膚より弾力が少ないために埋没毛ができやすくなっています。
そんな部分にダメージを与えるような処理方法を使うと、どんどん埋没毛が増えてしまいます。
しかし、埋没毛には見た目が汚い以外にも、リスクがたくさんあるんです!

毛嚢炎(もうのうえん)になる

毛嚢炎とは、ニキビのように膨れて膿をもってしまう症状です。
毛穴の中で行き場がなくなってしまった毛が、出口を探して肌内部を傷つけてしまうことがあります。
こうしてできた傷が炎症を起こすと、毛嚢炎になってしまいます。

埋没毛を引っ張り出してはダメ!

埋没毛ができると、気になって引っ張り出そうとする人も多いようです。
しかし、針やピンセットなどを使って、皮膚をほじくり毛を出すといった行為はかなり危険です。
炎症を起こしたり、化膿させる可能性が高くなります。

色素沈着になる

埋没毛をそのままにしておくと、色素沈着を起こす可能性もあります。
とくに毛嚢炎まで悪化してしまうと、色素沈着のリスクがかなり高くなるので注意が必要です。

自己負担になる

埋没毛が増えて、なんとか医療機関で治そうと思っても、皮膚科によっては埋没毛の診療をしてくれない場合があります。

基本的に、埋没毛は健康を害するものではありません。
そのために保険適用外となり、治療するとしても自己負担でかなりお金がかかってしまいます。

埋没毛ができたら?

でも、すでに埋没毛ができていて困っている…そんなときは、こんな対処をしておきましょう。
決して無理やり取ろうとしないでください。

埋没毛を温める

皮膚の下に毛が埋まっている状態なので、チクチクと違和感を感じる場合があります。
そんな不快感があるときは、蒸しタオルを埋没毛の部分に当ててみましょう。
1日に数回行えば、ずいぶん症状が緩和されます。

ピーリングする

埋没毛に腫れがなければ、ピーリングをしてみましょう。
埋没毛が外に出やすくなり、早く改善されることが多い方法です。

ただし、炎症が起きている埋没毛にはピーリングしてはいけません。
炎症を起こしている埋没毛は、ニキビと症状が似ています。
ニキビ改善に使う「サリチル酸」などを塗布して、まず炎症を抑えてください。

炎症が治ったら、ほかの埋没毛と同じようにピーリングしてみましょう。

保湿する

埋没毛の部分をしっかりと保湿することで、肌が柔らかくなり、埋没毛が外に出やすくなります。
手持ちの保湿クリームでもいいですが、おすすめは尿素クリームです。

埋没毛解消の一番近道は、脱毛サロン

何度も埋没毛に悩まされて嫌になっているなら、迷わず脱毛サロンを選んでください。
もっと早くこうすれば良かった!と思えるくらい、あっさりと悩みが解消されてしまいます。

脱毛サロンでのVライン脱毛が、本当にお得になってきました。
これからはもう、埋没毛に悩む人も少なくなっていきそうですね!