> Vラインの自己処理 > アンダーヘアは自分で脱毛!vio脱毛におすすめの脱毛器3つを紹介

アンダーヘアは自分で脱毛!vio脱毛におすすめの脱毛器3つを紹介

脱毛サロンのスタッフにデリケートゾーンを見せる気恥ずかしさや毎月通う面倒臭さがない家庭用脱毛器。

しかし
「そもそも家庭用脱毛器でvioの脱毛は大丈夫なの?」
「高額な買い物になるから効果がでるか不安…」

という理由で購入をためらう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、vio脱毛に適した脱毛器の選び方のポイントおすすめの脱毛器を口コミも含めて紹介します!

>>今すぐ【おすすめ脱毛器】を知りたい方はココからジャンプ!

そもそも家庭用脱毛器でvio脱毛は可能?


結論から言うと家庭用の脱毛器でvio脱毛は可能です。

しかし、vioはデリケートな部位です。

しっかり選ばないと、vioへの使用がNGであったり、脱毛効果がないもの肌トラブルになるものがあります。

vioに適した選び方のポイントを抑えて、デリケートな部位にも使用可能な脱毛器を選びましょう。

vioに適した脱毛器選びのポイント

脱毛器選びは以下のポイントを押さえておくと分かりやすいです。

  • 脱毛効果があるもの
  • 痛みが少なく肌に優しいもの(出力レベルが多く選択できる)
  • 安く長く使えるコスパが良いもの

それぞれ詳しく解説していきます。

【タイプ別】脱毛効果の有り無しをチェック

脱毛効果がない「除毛器」を間違えて「脱毛器」と呼んでしまっている場合があります。

除毛とは文字通り毛を取り除く事で、処理しても都度生えてきます。
カミソリでのお手入れも除毛になります。

そんな間違えやすい除毛器、脱毛器の種類と代表商品を紹介します。

タイプ 概要 脱毛効果 代表商品
サーミコン(熱線)式 毛を焼き切る
除毛法
なし ノーノーヘア
電動毛抜き 電動で素早く毛を抜く除毛法 なし ソイエ(パナソニック)
フラッシュ式 光の効果で
脱毛する
あり ケノン

サーミコン(熱線)式は毛を熱線で処理しているだけなので脱毛効果はありません。

また、電動毛抜きは毛抜きで抜く工程が短時間で簡単にできるだけなので脱毛することはできないです。

VIOラインは脱毛の痛みを感じやすいので肌にやさしく脱毛できるフラッシュを使用するのがおすすめです。

痛みが少なく肌に優しいもの

デリケートゾーンは、皮膚が薄くトラブルをおこしやすいので、肌に負担をかけないように照射しなくてはいけません。

かといって照射力が弱すぎると、脱毛効果が期待できなくなってしまいます。

そのため、脱毛器を選ぶときは自分の肌や毛質に合わせて出力レベルが柔軟に調節できる脱毛器を選ぶとよいでしょう。

安く長く使えるコスパが良いもの

脱毛器の中でも照射できる回数は商品毎に違います。

本体価格が安い商品は効果を実感する前に使えなくなり、追加購入を検討する必要が出てしまう場合も…。

よりコスパの良い家庭用脱毛器を選ぶには、本体価格のほかにカートリッジの価格や照射回数もチェックしておくとよいでしょう。

本体とカートリッジの価格を考慮し、1発あたりの料金で計算をするとお得度が分かりやすいです。

性能で比較!家庭用脱毛器おすすめランキング

ここでは、脱毛効果のあるフラッシュ式家庭用脱毛器を3つ紹介します。

脱毛器選びのポイントに注目しランキングにしています。

ケノン


>>ケノンの詳細を公式サイトで確認する

  • コスパ最高!1発あたりがなんと0.05円♪
  • レベル設定は10段階とデリケートな肌にも安心!
  • 美顔器としても使える!カートリッジも無料で付属
  • 今だけ!1カートリッジ多い4カートリッジ(2万円相当)が付属

コスパが脱毛器史上最高!

ケノンはつど性能を改善し、バージョンアップしています。
最近新しく追加されたプレミアムカートリッジは従来の5倍の照射数に!

1発あたりの料金で比較してみると、他脱毛器が1円切るかという価格に対して、ケノンはなんと0.05円!

圧倒的にコスパが良く、カートリッジ交換なしで全身脱毛もできちゃう!
家族3人で使用しても、6年間は脱毛できる計算に。

レベル調整10段階でvio脱毛の使用も可能


ケノンは公式でvio脱毛の使用が制限されていません。
(Vラインは可、ioに関しては自己責任で使用が可能)

レベル調整が10段階あるのに加え、1発のダメージを軽減する連射機能もあります。
部位や肌の調子に合わせてレベル調整が柔軟に可能です。

今だけ!カートリッジが2万円分もついてくる

楽天で1位をとった記念として、通常3カートリッジのところ、4カートリッジ目も付属するキャンペーン中です♪

照射面積や性能の違うカートリッジなので、施術範囲に合わせて付け替えると使いやすいです!

>>キャンペーン中!ケノンの公式サイト<<

ケノンの使い方や効果については以下でくわしく紹介しています。

LAVIE(ラヴィ)


>>ラヴィの詳細を公式サイトで確認する

  • 本体価格はケノンより安い!初期費用を抑えたい人に
  • デザイン性に優れた脱毛器!蓋裏が大きい鏡なのも嬉しい♪

本体価格はケノンより安い!初期費用を抑えたい人に!

ラヴィの本体代は2カートリッジ付きで52,704円(税込)。

ケノンより20,000円ほど安く脱毛をスタートできるところが魅力です。

ただし、照射回数は少なめなのでコスパは▲

最大照射回数がケノンの10分の1になるので、ケノンよりカートリッジの寿命が短いことがわかります。

それに伴い、1照射あたりの価格もケノンの方が5倍も安くなります。
※付属カートリッジも少ないため

脱毛したい部位が多い方やご家族で使いたい方は長く使えるケノンの方がいいかもしれません。

>>ラヴィの公式サイト<<

レイボーテ グランデ


>>レイボーテ グランデの詳細を公式サイトで確認する

  • 大手「ヤーマン」商品
  • アットコスメ脱毛器部門で1位の受領歴有り
  • オプション購入でクールヘッドの購入も可能

レイボーテシリーズの中でも照射面積、照射出力が1番

家庭用脱毛器の「レイボーテ」シリーズのなかでも、最大の照射面積と照射出力を兼ね備えたハイスペックマシンです。
QUICKモードにすれば照射間隔が約0.5秒も可能になり、一気に広範囲を照射できます。

オプション購入のクールヘッドはお冷やしの手間なし◎

家庭用脱毛器の場合は前後のお冷やしは必須です。

毎回手間になってしまうお冷やしですが、レイボーテは脱毛器唯一「クールヘッド」があります。

ただし、追加のオプション料は10,000円となるので、少し高めの買い物になってしまうかもしれません。

本体価格が高額のためコスパは▲

本体価格はこの中では一番高い10万越え。

総合して1照射あたりの料金は一番高くなります。

>>レイボーテ グランデの公式サイト<<

【徹底比較】人気脱毛器3つの違いはなに?

おすすめの家庭用脱毛器でも、なにが違うのか分かりにくい…。

そんな人の為におすすめの脱毛器3つをわかりやすく比較表にしてみました!

商品 ケノン ラヴィ レイボーテグランデ

>>公式ページ<<

>>公式ページ<<

>>公式ページ<<
本体価格※1 69,800円 52,704円 116,640円
付属カートリッジ
合計照射回数※2
1,400,000発 200,000発 400,000発
1発あたりの料金 0.05円 0.26円 0.29円
レベル段階 10段階 7段階 10段階

※1…価格は全て税込み表示
※2…脱毛効果のカートリッジのみを合計(美顔用は含めない)

総合的にみたらやっぱりケノンがいちばんオススメ!

ケノンは「脱毛効果・コスパ・肌への優しさ」などすべての要素を満たす優れた脱毛器です。

実績が桁違い

ケノンは脱毛器販売実績が10年以上もあり、お客様の声をもとに改良し尽されてきました。

その結果、楽天の脱毛器ランキング250週連続1位、満足度はほぼ100%、家庭用脱毛器売り上げNO.1など、圧倒的な実績を持っています。

やっぱりコスパがいい♪

本体価格だけを見るとラヴィがお得に見えてしまいますが、1発あたりの料金はケノンが一番!

長い目で見たときにコスパがいいです。

また、分割すれば月額たった3,000円の支払いで手に入るのも嬉しいポイントです♪

ワンショット~6連続ショットが選べるから肌に優しい

ケノンは1発照射、3発連射、6発連射と好みのモードに切り替えが可能です。
そのため、敏感肌の方は肌への負担を分散することができます。

また、日本人の肌向けに作られているので、痛みを感じにくい脱毛器としても有名です。
肌がセンサーに触れない限り照射されない設計にもなっており、デリケートな部分も安心して使用できます。

嬉しい心配りにも注目!残回数を一目でチェック可能!

ケノンは、他の脱毛器に比べて、残りのショット数がひとめでわかる点も人気のひとつです。

あとどのくらいで限界照射回数に達するのか、ビクビクしながら使用する必要はありません!

SNSで一般ユーザーの口コミも高評価!

サロンから乗り換えて良かった!実際に毛がなくなってきたという口コミが多数です!

\1番おすすめ/
ケノンの詳細をチェック

脱毛サロンより圧倒的にお得+楽チン!

脱毛器は、脱毛サロンに比べるとかなりお得に脱毛が可能です。

普通サロンで全身脱毛をしようと思ったら、少なくとも30万円はしますよね。
月々でいっても、2,3万は軽くいってしまいます。

しかしケノンなら月々3000円~脱毛が可能です。

顔やデリケートな部分、男性であれば髭脱毛にもしっかり効果があります。
そのため、彼氏や家族とシェアすればさらにお安く手に入れることもできちゃう♪

脱毛サロンのように「予約が取れない、わざわざ出向かなくちゃいけない…」などの問題も一切ありません。
家庭用脱毛器の王様、ケノンでツルツルお肌を手に入れましょう!

>>もう一度【おすすめ脱毛器】をチェックする

家庭用脱毛器の基本的な使い方

家庭用脱毛器の基本的な使い方を紹介します。
具体的な脱毛器の操作方法については、購入機器の説明書を必ず読んでから使用してください。

【1】VIO脱毛の前の準備

脱毛する前に、脱毛する箇所を清潔にしましょう。
ただし、脱毛直前の入浴は肌の血行がよくなり、痛みを感じやすくなっているので控えたほうがよいです。

なるべく、清潔で体が冷えているときに脱毛するとよいでしょう。

【2】ムダ毛を剃ってから脱毛

脱毛器を使用する2~3日前に、脱毛する部分の毛を剃りましょう。

脱毛機器は毛の黒い色に反応するので、直前に剃って毛がほとんど見えない状態だと効果があらわれにくいし、のび過ぎていると毛が発熱し肌を火傷させてしまう恐れがあります。

毛が短すぎず長すぎないような、1~2mm程度生えている状態が理想的なのです。

【3】弱い照射レベルから照射し始める

理想的な照射レベルは脱毛部位の毛量や毛質だけでなく、肌環境や健康状態によっても変わります。

デリケートゾーンや敏感肌、脱毛器を初めて使うかたは1番低い照射レベルからはじめるとよいでしょう。

肌に合わない照射レベルで脱毛すると、肌を傷めてしまいやけどや炎症の原因になります。

照射時は目の保護を忘れずに!

フラッシュ式家庭用脱毛器は、照射する際にカメラのフラッシュに近い光がでます。

この脱毛の光は有害ではありませんが、強い光は目の負担となります。
光がでる脱毛器にはセットでサングラスが付いていることが多いので、必ず着用し目を守りましょう

また、光をみてしまった場合は、必ず目を休めてから手入れを再開してください。

【4】脱毛後のケア

脱毛後の肌は、火照って敏感になっているのでクールダウンしましょう。

脱毛後の肌は、光やレーザーによりダメージを受けているので乾燥しやすくなっています。
そのため、デリケートゾーン専用の保湿化粧品などでしっかりと保湿することが大切です。

自宅ケアなら家庭脱毛器!使うメリットとは

ムダ毛の自己処理として、カミソリ・電気シェーバーでシェービングしたり、毛抜き・ワックスで毛を抜いたり、除毛クリームを使ったりしていませんか?
もしそういった処理方法を続けているのなら、これからは家庭用脱毛器に切り替えていくことをオススメします。

家庭用脱毛器はエステサロンで使用している脱毛器と同じく、毛のメラニン色素に反応する特殊な光を照射して毛にダメージを与え、毛をだんだん生えにくくしていきます。

家庭用脱毛器を使った自己処理には、次の4つのメリットがあります。

自己処理が楽になる

家庭用脱毛器を使用するごとに、毛の生えるスピードが遅くなったり毛の量が少なくなっていきます
脱毛効果があらわれてくると自己処理の頻度を減らすことができるので、ケアの時間を短縮できます。

肌ダメージが少ない

毛を剃ったり抜いたりすると埋没毛ができたり肌が膿んで毛嚢炎になってしまうリスクがあります。

家庭用脱毛器は毛の黒い色素のみにダメージを与える方法なので、少ない肌ダメージで毛の処理ができます。

キレイに処理ができる

毛を剃ったり抜いたりして自己処理をしてもすぐに生えてくるので、黒いボツボツチクチクした毛が目立ってしまいます。

家庭用脱毛器をつかえば、毛の根本までしっかりダメージを与えるので、毛根からするっと毛がなくなりキレイに処理することができます。

サロンへ行くより低コスト

脱毛サロンでVIOラインを完全に脱毛しようと思うと、脱毛施術料金が100,000円近くかかってしまい大きな出費になります。

家庭用脱毛器ならば、本体+カートリッジ代を含めても同じ回数分のサロンの施術料金以下で買えますし、全身使えるので明らかにコスパがいいです。
また、脱毛を考えている人と機器をシェアすれば、さらにコストを抑えることができます。

あなたに合った家庭用脱毛器を選ぼう!

アンダーヘアの脱毛には、長い期間が必要になります。

長く使用することを考えて、安全性や効果、価格などを総合的にしっかり比較して脱毛器を選ぶのがよいでしょう。

今回紹介した家庭用脱毛器を使えば、自宅でもツルツル肌を目指すことができますので、ぜひ試してみてくださいね!

>>もう一度【おすすめ脱毛器】をチェックしたい方はココからジャンプ!

vライン脱毛ユーザー満足度順!
脱毛サロン人気ランキング