Vライン脱毛ガイド > Vライン脱毛の基礎知識 > Vライン脱毛でアンダーヘアを薄くナチュラルにしたい方は必見!

Vライン脱毛でアンダーヘアを薄くナチュラルにしたい方は必見!

Vライン脱毛するなら絶対おすすめ!脱毛サロンランキング

サロン キャンペーン
100円で【両ワキ&Vライン通い放題+選べる全身脱毛1回】
詳細はコチラ
敏感肌・ニキビ肌OK!VIO脱毛体験 5,400円
詳細はコチラ
全身脱毛、初月0円
詳細はコチラ
>>どうしてミュゼが1位?他サロンとの比較はこちら

水着を着てもはみ出てしまったり何かと気になるVラインの毛。
毎日の処理も煩わしいし、Vラインの脱毛を検討している方も多いのでは?

しかし、全く毛が生えなくなったらそれはそれで恥ずかしいですよね。

「Vラインを希望の形にするにはどうすればいいの?」
「毛量を薄くする事はできるの?」

この記事ではそんな疑問にお答えします。

Vライン、濃い毛や剛毛を薄くするその脱毛方法とは?

薄く自然なVラインを作ることができる脱毛とはどのようなものなのでしょうか。

サロンかクリニックでの「プロ」による脱毛がオススメ

Vラインを薄くする方法として、下記の方法があります。

  • サロンでの脱毛
  • クリニックでの脱毛
  • 自己処理

現在サロン、クリニックではフラッシュ光やレーザー光をVライン全体にあてる全照射と呼ばれる方法が主流。
この脱毛法を何度か受けることによって、Vラインの毛を徐々に毛質を柔らかく細くし、薄くしていきます。

Vラインの毛を薄くするのにプロの脱毛がおすすめな理由

では、なぜVラインの毛を薄くするのにはプロの脱毛がオススメなのでしょうか。

自分でできるアンダーヘアのお手入れといえば、カミソリやシェーバーが挙げられますね。
お金もかからず手軽にできますが、あまりおすすめできません。

自己処理がオススメできない理由は下記です。

  • デリケートな部分なので、カミソリやシェーバーでの処理は怪我に繋がることも…
  • カミソリがつけた傷跡に雑菌が入り、炎症の原因になることも…
  • カミソリの刺激によって色素沈着が起こりやすくなる
  • 自己処理では毛が薄くならない

自己処理では毛が薄くならない理由

自己処理では、毛は薄くなりません。
いったいなぜなのでしょうか。

カミソリ 顔用のカミソリで毛をすいた場合、
全体を均等に薄くすることはでできない

はさみ 髪に用いるすきばさみや、眉用の先の丸くなっているはさみを使った場合、
Vライン全体を均一に薄くするのは難しいため、まだらになってしまう可能性も

除毛クリーム

本来産毛のような細い毛に効果を発揮するものなので、
固く太いアンダーヘアは多少ごわつきが柔らかくなる程度

ワックス・毛抜き 力づくで毛を引き抜けば皮膚にとって負担が大きく痛みが痛烈

毛穴に雑菌が入り込み毛嚢炎の原因にも…

結論をいえば、自己処理では手間のかかる割に、仕上がりの美しさに限界があります。
まだらになってしまったり、ポツポツと毛穴が目立ったりと、どれも自然な美しい仕上がりとは程遠いのです。

サロンと医療クリニックならどちらがオススメ?どのくらいの回数で薄くなる?

サロンでの主流、フラッシュ光に対し、レーザーを用いて脱毛を行うのが医療クリニックです。
それぞれの特徴を紹介します。

フラッシュ光(サロン)

フラッシュ光は痛みが少なく肌への負担が軽いこと、美肌効果があることがメリットです。
施術している店舗は多いですが、技術はサロンによってバラつきがあります。
Vラインを薄くするには6~9回程度の施術が必要となります。

Vラインを薄くするのにオススメのサロンは「ディオーネ」

ディオーネ公式サイト

ディオーネは「ハイパースキン法」と呼ばれる、脱毛サロンのなかでも特に肌への負担が少ない脱毛を行っています。
なんと、3歳の子どもでも脱毛できるほどです。

Vラインはデリケートな箇所なので、痛みが少ない脱毛サロンがオススメです。

ディオーネの公式サイトはこちら

レーザー光(医療クリニック)

レーザーは照射出力が高いため、フラッシュ光にくらべ痛みを感じやすいのが特徴です。
しかしその分施術期間は短く、1~3回数と少ない回数でVラインを薄くできます。

永久脱毛効果もありますが、店舗は少なく、保険が効かないため高額なのが難点です。

Vラインを脱毛で薄くする場合の手順は?

ここまでVラインを薄くするための脱毛方法について紹介しました。
では、サロン、医療クリニックともに、実際にVラインを薄くしていく際にはどのような手順で行うのでしょうか。

1.【事前処理】全剃り
2.【照射】Vライン全体に照射
3.【毛が薄くなってきたら】自分好みに整える

1.【事前処理】全剃り

レーザー脱毛も光脱毛も毛根の組織に熱が伝わって発毛を抑える脱毛法です。
毛が長いままだと毛根まできちんと光を当てることが難しいため、事前に剃っておく必要があります。

剃り残しのないよう準備を

カミソリより電気シェーバーを使うと、剃りやすくなります。
事前処理が行われていない場合、シェービング料金を請求される場合もありますから注意しましょう。

全剃りに抵抗が…

一度Vラインの毛をすべて剃る、ということに抵抗がある人も少なくないのではないでしょうか。
短期間ではありますが、気になる人は事前にパートナーに相談したり、予定を調整する必要があります。

続けることで毛質が変化

レーザー、フラッシュ光ともに毛根のメラニン色素に反応して毛母細胞にアプローチする脱毛法です。
剃り残しがあると火傷などの肌トラブルの原因になります。
全剃りの手間こそかかりますが、数回後には確実に毛質が柔らかく変化しているのを実感できるはず。

2.【照射】Vライン全体に照射

事前処理したVライン全体に照射するのが全照射とよばれる施術法です。

>>Vライン全体に照射ができて痛みも少ないのはディオーネ

全照射は最初の数回が決め手

肌の色や毛の密度によって変わってきますが、まず施術の前半に全照射を行い細くなった毛の様子を見ていきます。
仕上がりの希望に合わせて照射回数を決めていくのがおすすめ。

施術後半に全照射をしても全体のイメージがつかみにくくなるためです。

どのくらいの回数脱毛すれば薄くなる?

効果の現れやすい方なら1回目で結構薄くなったと実感できる方も。
一般的にはサロンでのフラッシュ脱毛や光脱毛で6~9回くらいの全照射が目安となります。
クリニックでの医療レーザーによる脱毛ならば1~3回くらいと思っていて良いでしょう。

照射回数が多めに必要な人もいる?

サロンとクリニック、どちらで脱毛するかによって、照射回数は変わってきます。
しかし、それ以前に肌の状態や体質によって通常よりも照射回数が多く必要な人も…!

あてはまるかチェックしてください。

剛毛で毛量が多い
当然ながら極端に毛が多い、剛毛な場合はサロンに通う期間は長くなります。

肌に黒ずみ、色素沈着がある
フラッシュ光、レーザーは黒いものに反応するので、毛周辺の皮膚に黒ずみがあると、効果が低下します。

乾燥肌
皮膚は乾燥すると痛みを感じやすくなります。
そのため出力を弱めて施術するため、通院期間が長くなります。

年齢が高い
それぞれの肌の状態によりますが、一般的に年齢を重ねた肌は水分量が少なくなっているため、若い肌にくらべて慎重に行う必要があります。

3.【毛が薄くなってきたら】自分好みに整える

自分のイメージに合わせてVラインの濃さを調節したり、形を整えることができます。

より自然に見せる方法

最初の2回から3回程度全照射を受けて徐々に毛が薄くなってきたら一度様子を見てみましょう。
4回目は自分が希望するVラインの1センチほどの内側に照射します。

このようにするとVラインの内側に向けて徐々にグラデーション状に濃くなっていくために自然な見た目に。
ある程度満足のいく薄さになった場合はその後周辺に照射してバランスを整えていくのがおすすめです。

生えてこなくなることはある?

それでは万一Vラインを薄くし過ぎてしまったら、全く生えてこなくなったらと不安に思いませんか。
しかし全照射で全く毛が無くなることはあり得ません。

サロンでのフラッシュ脱毛は毛母細胞に熱を加えることで毛の再生を抑え、徐々に生えにくくしていく脱毛法。
この過程を繰り返すことで生えてこない状態を保ちます。

いわゆる永久脱毛を望むならば、医療クリニックでのレーザー脱毛をお勧めします。

表面に出ている毛は3分の1!すぐにはなくならない!

脱毛というと1回で完了するものと思っていませんか。
Vライン脱毛もまた他の部位と同じく効果を実感できるまで数回施術を受けなくてはなりません。

毛の生え換わりに合わせて脱毛する

人間の体毛は毛周期と呼ばれるサイクルがあります。
この毛周期のリズム則とって生えたり抜け落ちたりを繰り返しています。

表面に出ている目に見える毛は成長期全体の3分の1程度と言われています。

一度では終わらない理由

脱毛の効果が及ぶのは現在生えている成長期の毛のみです。
そのため何度か施術を受けないとムダ毛すべてにアプローチすることが出来ないのです。

Vラインの毛を薄くするなら安全で効果を出せる脱毛で!

自己処理が難しいVラインのお手入れ。
気になるけど、恥ずかしいし痛かったらどうしようと、なんとなくためらってしまいがちです。
いまサロンやクリニックでの脱毛は特別なものではなくなってきています。

プロの脱毛は仕上がりも持ちも自己処理とは比べものになりません。

面倒で危険なお手入れから解放されるすがすがしさ、ぜひ味わってみませんか。

ディオーネの公式サイトはこちら